サーバー同期ジョブをアクティベートする

Active Directoryドメインに接続する前に、サーバー同期ジョブを明示的にアクティベートする必要があります。このプロセスでは、ドメイン内のサーバーを検出するジョブの試行頻度も指定します。

一度に利用できるのは、アクティブな1つのサーバー同期ジョブのみです。

  1. アドバンストサーバーアクセスのダッシュボードを開きます。
  2. Connections(接続)]に移動し、既存の接続を選択します。
  3. Server Sync(サーバーの同期)]タブに移動します。
  4. アクティブでないジョブを確認します。「サーバーの同期ジョブを作成する」をご覧ください。
  5. オプション。テストを実行します。「サーバー同期ジョブをテストする」をご覧ください。
  6. スケジュールを設定します。日次ジョブによるサーバー負荷を減らすため、システムは指定時刻から60分以内にジョブをランダムに開始します。
  7. Activate(アクティブ化)]をクリックします。

アクティブ化された同期ジョブは、直ちに実行されます。アドバンストサーバーアクセスでは、パフォーマンスを維持するために、サーバーの最大検出数は全接続合計で10,000に制限されています。