サーバー同期ジョブをアクティベートする

これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。

Active Directoryドメインに接続する前に、サーバー同期ジョブを明示的にアクティベートする必要があります。このプロセスでは、ドメイン内のサーバーを検出する同期ジョブの試行頻度も指定します。

一度に1つのアクティブなサーバー同期ジョブのみ利用できます。

  1. アドバンストサーバーアクセスのダッシュボードを開きます。
  2. [Connections (接続)]に移動します。
  3. 接続を確認します。
  4. [Server Sync (サーバーの同期)]タブに移動します。
  5. アクティブでないジョブを確認します。詳しくは、サーバーの同期ジョブを作成するを参照してください。
  6. 任意。テストを実行します。詳しくは、サーバー同期ジョブをテストするを参照してください。
  7. スケジュールを設定します。
    : 毎日のジョブでサーバーの読み込みを減らすため、システムは指定した時間の60分以内にジョブをランダムに開始します。
  8. [Activate(アクティベート)]をクリックします。

アクティベーション後に同期ジョブが直ちに実行します。