サーバー同期ジョブをテストする

これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。

サーバー同期ジョブのテストは、同期ジョブを正しく検出してサーバーに割り当てるため、推奨される(任意の)手順です。テストが完了した後、アドバンストサーバーアクセスは指定した割り当てルールに一致するすべてのサーバーをリストするCSVファイルを提供します。

テスト中ゲートウェイはアドバンストサーバーアクセスのプラットフォームに結果を返せない場合があります。長時間テストのステータスにTest queued (テスト待ち)またはTest running (テスト実行中)と表示されている場合、これが原因です。この問題を解決するには、テストを再実行する前にサーバー同期ジョブを削除してから作成し直してください。

開始する前に

このタスクを開始する

  1. アドバンストサーバーアクセスのダッシュボードを開きます。
  2. [Connections (接続)]に移動します。
  3. 接続を確認します。
  4. [Server Sync (サーバーの同期)]タブに移動します。
  5. ジョブを確認してジョブ名をクリックします。
  6. ジョブの詳細情報ウィンドウで[Run Test (テストを実行する)]をクリックします。
  7. テストが完了した後、[View details (詳細情報を表示する)]をクリックします。

アドバンストサーバーアクセスがテスト結果をCSVファイルで生成します。テスト結果を確認して、割り当てルールと属性マッピングの有効性をチェックします。必要に応じてジョブを修正し、再度テストを実行します。

次のステップ

サーバー同期ジョブをアクティベートする