Okta Advanced Server Access

Oktaアドバンストサーバーアクセスは、LinuxおよびWindowsサーバーへのSSHアクセスとRDPアクセスを管理するアプリケーションです。アドバンストサーバーアクセスでは、信頼できる情報源としてOktaを使用し、ユーザーの内部サーバーと調整して、サーバーを安全に保護するために利用できるゼロトラストソフトウェアを提供します。アドバンストサーバーアクセスの使用を開始するには、チームを作成して設定の一部を構成します。アドバンストサーバーアクセスにおけるチームは、Oktaで認証できるユーザーの名前付きグループです。チームとは、Oktaテナントに類似するアドバンストサーバーアクセスのテナントです。アドバンストサーバーアクセスのすべての構成とリソースは、チームを対象とします。



はじめに

Oktaにアドバンストサーバーアクセスをインストールしてチームを作成し、Oktaからユーザーとグループをプッシュします。

サーバーとゲートウェイを展開する

サーバーをアドバンストサーバーアクセスに登録し、アドバンストサーバーアクセスゲートウェイをセットアップする

サーバーに接続する

アドバンストサーバーアクセスのクライアントでチームのサーバーに接続する

グループとプロジェクトを管理する

グループとプロジェクトを作成して使用し、ユーザーとリソースを編成する

ユーザーとグループの属性を管理する

ユーザーとグループのさまざまな属性を指定してユーザーとグループの設定を構成する

クライアントとサーバーを管理する

アドバンストサーバーアクセスのクライアントとサーバーで管理タスクを実行する

あなたディベロッパーですか?APIドキュメント、コンセプト、ガイドなどについては、 Okta開発者向けドキュメント(英語) をご覧ください。

追加のヘルプまたはサポートチケットを開くには、 Okta サポートへに連絡してください。