ユーザーデータおよび登録トークンを使用して Ubuntu/Debian Amazon Web Servicesのサーバーを展開する

このガイドでは、systemdを使用して UbuntuまたはDebian Amazon Web Servicesのクラウドサーバーをアドバンストサーバーアクセスのチームに展開するための情報を提供します。チームのプロジェクトに登録トークンが使用されない場合や、プロジェクトに異なるサーバータイプを追加予定の場合など、ターゲットサーバーおよび登録タイプによっては、このガイドの一部のトピックが当てはまらない場合もあります。 必要に応じて、チームに適合するようこれらの手順を変更するか、別のクラウド展開ガイドを参照してください。

ユーザーデータを使用してクラウドサーバーを作成することは、クラウドプロバイダーを使用してサーバーを作成するのと同時に、アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをインストールすることを意味します。 ユーザーデータを使用すると、新しいクラウドサーバーにソフトウェアをインストールするための特定のソフトウェアを決定することができます。クラウドサーバーの作成時に、クラウドサーバーにアドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをインストールする必要はありませんが、サーバーの作成と同時に起動スクリプトとしてインストールを実行すると、クラウドの展開が可能な限り安全になります。

前提条件

ユーザーデータを使用してAmazon Web Servicesを展開するには、次の権限とリソースが必要になります。

Amazon Web Services(AWS)

必要条件

説明

Amazon Web Servicesアカウントチームの仮想マシンを作成するためにAWS管理コンソールにアクセスするには、Amazon Web Servicesのアカウントが必要になります。

アドバンストサーバーアクセス

必要条件

説明

アドバンストサーバーアクセス・チームアドバンストサーバーアクセス内の組織を表す最上位レベルのオブジェクトです。
アドバンストサーバーアクセスプロジェクトユーザー、グループ、サーバーを編成するチームの承認の範囲です。

登録トークンを作成する

  1. アドバンストサーバーアクセスのダッシュボードで[Projects (プロジェクト)]をクリックします。
  2. サーバーを追加するプロジェクトを選択します。
  3. [Enrollment (登録)]タブを選択し、[Create Enrollment Token (登録トークンを作成する)]をクリックします。

    注意: サーバーをチームに追加するたびに、同じ登録トークンを使うことができます。既に登録トークンを作成している場合は、この手順を省略してください。

  4. トークンの説明を入力し、[Submit (送信)]をクリックします。
  5. トークンが正常に作成されたら、[Token (トークン)]フィールドの文字列をコピーして、後の手順で使用するために安全な場所に保存します。

ユーザーデータを使用してAmazon Web Servicesサーバーの作成と登録を行う

  1. Amazon Web Services管理コンソールにアクセスします。
  2. コンソールの上部にある[Services (サービス)]タブをクリックし、[Computer (コンピュータ)]カテゴリーの[EC2]オプションを選択して新しいEC2サーバーを作成します。
  3. [Launch Instance (インスタンスを起動する)]をクリックします。

    [Choose an Amazon Machine Image (AMI) (Amazonマシンイメージを選択する)]ページが開きます。

  4. サポートされているUbuntu/Debianのバージョンを確認して[Select (選択)]をクリックします。
    詳細は、「サポートされているオペレーティングシステム」を参照してください。

    [Choose an Instance Type (インスタンスタイプを選択する)]ページが開きます。

  5. [Next: Configure Instance Details (次:インスタンスの詳細を構成する)]をクリックします。

    [Configure Instance Details (インスタンスの詳細を構成する)]ページが開きます。

  6. [Advanced Details (詳細情報)]を展開します。
  7. [User Data (ユーザーデータ)]フィールドに次のテキストを貼り付けます。

    #!/bin/bash

    echo "Add an enrollment token"

    sudo mkdir -p /var/lib/sftd

    echo "<enrollment-token>" | sudo tee /var/lib/sftd/enrollment.token

    export DEBIAN_FRONTEND=noninteractive

    echo "Add a basic sftd configuration"

    sudo mkdir -p /etc/sft/

    sftcfg=$(cat <<EOF

    ---

    # CanonicalName: Specifies the name clients should use/see when connecting to this host.

    CanonicalName: "ubuntu-target"

    EOF

    )

    echo -e "$sftcfg" | sudo tee /etc/sft/sftd.yaml

    echo "Retrieve information about new packages"

    sudo apt-get update

    sudo apt-get install -y curl

    echo "Add the ScaleFT testing apt repo to your /etc/apt/sources.list system config file"

    echo "deb http://pkg.scaleft.com/deb/ linux main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list

    echo "Trust the repository signing key"

    curl -C - https://dist.scaleft.com/pki/scaleft_deb_key.asc | sudo apt-key add -

    echo "Retrieve information about new packages"

    sudo apt-get update

    echo "Install sftd"

    sudo apt-get install scaleft-server-tools

    注意: このスクリプトはサーバー用のsftd.yamlファイルを作成し、正規名としてubuntu-targetを使用します。必要に応じて、この情報を変更、生成して、チームとプロジェクトの環境に適合させます。

  8. [User Data (ユーザーデータ)]フィールドの<enrollment_token>を以前に作成した登録トークンで置き換えます。
  9. [Review and Launch (確認して起動する)]をクリックした後、[Launch (起動する)]をクリックします。

    [Select an existing key pair or create a new key pair (既存のキーペアを選択するか新しいキーペアを作成する)]ダイアログボックスが表示されます。

  10. ドロップダウンボックスから、[Proceed without a key pair (キーペアなしで続行する)]オプションを選択します。
  11. 関連するチェックボックスをオンにして選択を確認し、[Launch Instances (インスタンスを起動する)]をクリックします。

次の手順

サーバー登録を認証する