アドバンストサーバーアクセスの サーバーエージェントをインストールする

アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェント (sftd) は、サーバー上で実行し、アドバンストサーバーアクセスのプラットフォームに統合されるデーモンです。

サーバーエージェントは、SSHとRDPのクライアント証明書の認証を構成し、サーバーへのログインイベントを監査し、ローカルユーザーのアカウントを管理します。

アドバンストサーバーアクセスのサーバーを展開するには、サーバーにエージェントをインストールした後、サーバーを登録する必要があります。「サポートされているオペレーティングシステム」をご覧ください。

アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントを実行するために必要なシステム要件は最小限です。サーバーがサポートされているオペレーティングシステムのいずれかを実行でき、ログに使用可能なストレージを備える場合、サーバーエージェントを問題なく実行できます。

インストールガイド

アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをRed Hat、CentOS、Fedoraにインストールする

Ubuntu/Debianにアドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをインストールする

SuSE Linuxにアドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをインストールする

FreeBSDにアドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをインストールする

Windowsにアドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをインストールする