RDP セットアップ

リモートデスクトッププロトコル (RDP) により、エンドユーザーはRDP クライアントを使用してWindowsサーバーにアクセスできるようになります。RDP はGUI を使用して、Windowsサーバーへの完全なアクセスを可能にします。

エンドユーザー向けにRDP クライアントをインストールする

RDP クライアントをインストールして、管理者が提供したリンクを使用してチームのWindowsサーバーにアクセスします。

オペレーティングシステム

RDP クライアント

macOSまたはLinuxご使用のプラットフォームのRDP実装版をダウンロードしてインストールします (例:ここをクリックしてRoyal TSXまたはここをクリックしてFreeRDPをダウンロード)。

注意: RDP実装版の種類によっては、使用するためにはライセンスを購入する必要のあるものもあります。

WindowsMicrosoftストアからリモートデスクトップをダウンロードしてインストールします。ここをクリックします。

RDP 接続のURLハンドラーを作成する

ユーザーがRDP を介してWindowsサーバーにアクセスできるようにするには、グループのURL ハンドラーリンクを作成します(「URLハンドラー」をご覧ください)。または、ユーザーにsft rdp<サーバー>を実行させることもできます。

ユーザーをLinuxサーバーに接続させるには、SSHを使用します。

関連項目