ロードバランサーについて

Access Gatewayはしばしばロードバランサーを使用した高可用性シナリオでデプロイされます。

典型的なAccess Gatewayロードバランサーのアーキテクチャ

トピック

ロードバランサーの構成

ロードバランサー:

  • スティッキー セッションまたはセッション アフィニティ: パーシステンス(スティックネスやスティッキー セッションとも呼ばれる)は、アプリケーションのロードバランサーによって実装される技術であり、1つのセッションからのリクエストが常に開始したサーバーにルートされるようにします。Access Gatewayで使用されるロードバランサーは、セッション アフィニティをサポートする必要があります。Access Gatewayでは、所定のセッションで要求される2番目以降のリクエストが同じAccess Gatewayノードにルートされるように、特定セッションのセッション アフィニティを必要とします。
    セッション アフィニティを指定する方法は、Cookieベースまたはその他のメカニズム(ハッシュ化ソースIPおよびポートなど)など、ロードバランサーのタイプによって異なります。
  • ロードバランサーの戦略:Access Gatewayロードバランサーで推奨される戦略は、ラウンドロビンまたは加重ラウンドロビン方式です。
メモ

メモ

ロードバランサーを構成する場合、通常、Access Gateway管理者ノードはワーカープールに含めません。

ノードの正常性チェック

ロードバランサーはAccess Gatewayクラスターメンバーの正常性を確認できなければなりません。
正常性チェックを実施するには、以下を含めてHTTPリクエストを送信します:

プロトコルHTTPS
リクエストGET
IP各ワーカーノードのIPアドレス
ヘッダー付きホスト:ゲートウェイのホスト

例:

curl -X GET -v -k https://10.0.0.225/status -H 'Host:gw.yourhost.com'
ここで:

  • -X GET - GETリクエストを作成
  • -v - 詳細(実稼働では不要)
  • -k - セキュリティ保護されていない
  • -H 'Host:gw.{yourgateway.tld}

成功の場合は200、タイムアウトやエラーの場合は400のステータスが返されます。

Hostヘッダー変数の値を決定するには:

  1. Access Gateway Admin UIコンソールにサインインします。
  2. [Settings(設定)]を選択します。
  3. [Access Gateway]を選択します。
  4. [System Configuration(システム構成)]セクションで、[Access Gateway Hostname(Access Gatewayホスト名)]フィールドの値を調べます。
    Access Gatewayホスト名

クラスターのアップグレードおよびロードバランサー

Access Gatewayをアップグレードするには:

  1. 構成をバックアップします。バックアップと復元についてをご覧ください。
  2. 管理者インスタンスに対しては、Secure Shell (ssh oag-mgmt@gw.gateway.tld) をコマンドライン管理コンソールに入力します。
  3. Access Gatewayアプライアンスのアップグレード手順に従います。Access Gatewayノードをアップグレードする を参照してください。
  4. Access Gateway高可用性クラスターの各ワーカーノードに対しては
    1. ワーカーノードをロードバランサーのローテーションから外します。
    2. ワーカーノードをアップデートします。
    3. ワーカーノードをロードバランサーのローテーションに戻します。