AWS ロードバランサーの正常性モニタリングを向上する

開始する前に

以下にアクセスできることを確認します:

  • AWS EC2コンソール。これはAccess Gateway高可用性インスタンスの内部IP アドレスを決定するために使用されます。
  • AWSで実行されているAccess Gateway Adminコンソール。これはロードバランサーの正常性モニタリング用のアプリケーションを作成するために使用されます。

内部IP アドレスを決定する


  1. ブラウザーを開き、https://console.aws.amazon.com/ec2/を入力してAWS EC2コンソールに進みます。
  2. AWSコンソールにサインインします。
  3. [Instances(インスタンス)]までスクロールして展開します。
  4. [Instance(インスタンス)]をクリックします。
  5. インスタンスのリストを調べます。各クラスターメンバーのプライベートIP アドレスをメモしておきます。
    メモ

    メモ

    プライベートIPアドレスが非アクティブの場合、[Settings(設定)]をクリック、[Private IP Address(プライベートIPアドレス)]を選択してアクティベートします。

認証なしアプリケーションを作成する

(missing or bad snippet)

ロードバランサーがHTTP 200リターンコードを使用するよう設定します

200リターンコードを返すアプリケーションでは、ロードバランサーの正常性チェックを変更して200コードを使用できます。

  1. AWS コンソールに戻ります。
  2. ナビゲーションペインで[Load Balancing(ロードバランシング)]から[Load Balancers(ロードバランサー)]をクリックします。定義されたすべてのロードバランサーがリストに表示されます。
  3. 新規作成されたロードバランサーを選択します。
  4. [Health Check(正常性チェック)]タブを選択します。
  5. [Edit Health Check(正常性チェックを編集)]をクリックします。
  6. リターンコードを200に変更します。
  7. [Save(保存)]をクリックします。