Access Gatewayのデプロイメントおよび構成のワークフロー

ワークフローはAccess Gatewayをデプロイし、リソースを保護し、高パフォーマンス環境を実装するために行う一連の作業です。
通常、以下のタスクが含まれます:

タスク説明関連項目
前提条件を確認するデプロイメントに関する問題を最小限に抑えるために、デプロイメントの前提条件を調べます。
容量を決定するパフォーマンスを保証する容量要件を確認します。
Access Gatewayのデプロイメントサポートされるバーチャル環境の1つを使用してAccess Gatewayをデプロイします。

Access Gatewayを初期化する

パスワードの設定やその他の初期化など、新規Access Gatewayインスタンスを初期化します。

OktaをIDPとして構成するユーザー組織をIDプロバイダーとして使用するようにAccess Gatewayを構成します。

Access Gatewayへのアクセスを任意に構成する

管理者のAccess Gateway Admin UIコンソールへ直接アクセスをサポートするようOkta orgを構成します。

アプリケーションを統合する

アプリケーションはAccess Gatewayの背後で保護されたリソースを表します。このタスク中、保護対象のアプリケーションを統合します。

高可用性の構成

Access Gateway高可用性クラスターを実装してパフォーマンスと信頼性を高めます。