プロビジョニングを既存のアプリ統合に追加するための一般的なワークフロー

既存のシングル・サインオン(SSO)のSAML またはOIDCアプリの統合にプロビジョニングを追加するには、機能を有効にしてプロビジョニングの設定を行います。

プロビジョニング機能をテストしたり、新しいアプリの統合を使用してユーザーをサイレントにプロビジョニングするには、Okta orgでアプリ統合の重複したインスタンスを作成し、ユーザーにプロビジョニングアプリ統合の2つ目のインスタンスへのアクセスを許可するといった別のソリューションがあります。

この表は、既存のOkta orgでクラウドベースのプロビジョニングアプリの統合をセットアップし、使用できるように構成するために完了する必要があるタスクのリストです。

タスク

説明

(任意)重複したアプリのインスタンスの作成と設定Oktaのプロビジョニングのみを目的とした、アプリ統合の2つ目の別のインスタンスを作成する
アプリの統合のためのプロビジョニング構成プロビジョニングアプリの統合を設定し、Oktaとアプリケーションの間のユーザーのライフサイクルを管理する

プロビジョニングされていないユーザーをプロビジョニングする

Oktaのプロビジョニングがアクティブになる前にユーザーアカウントに手動でプロビジョニングを追加する

アプリの統合を割り当てる

ユーザーやグループにアプリの統合へのアクセスを付与する