スーパー管理者

スーパー管理者は、Oktaの最高レベルの権限です。スーパー管理者は、組織の管理アクティビティすべてを実行でき、完全な管理アクセス権を持っています。

スーパー管理者は次のアクションを実行できます:

  • 他の管理者の作成
  • 他の管理者の編集、取り消し
  • エージェント(AD エージェントなど)のインストールと構成
  • Oktaグループへのロールの割り当て
  • Oktaサポートへのアクセス権の付与
  • セルフサービス登録の有効化
  • 管理者グループへのユーザーの追加
  • メールおよびSMSテンプレートの編集
  • ユーザー名、権限、最後のサインインなどの管理者データを含む、監査用のCSV ファイルのダウンロード
  • セルフサービスEA 機能やベータ機能の有効化
注

組織では、少なくとも1名の個人にスーパー管理者を割り当てる必要があります。スーパー管理者として割り当てられた個人が1名しかいない場合は、そのスーパー管理者の権限の編集や取り消しはできません。

関連項目

管理者のロールと権限

管理者権限を割り当てる

ヘルプデスク管理者を構成する

サードパーティ管理者を構成する