カスタムURLドメインの構成

Oktaのドメイン名を独自のURLドメイン名に置き換えて、Okta orgをカスタマイズすることができます。すべてのURLにブランディングを施すことで、ユーザーにシームレスなエクスペリエンスを提供することができます。例えば、Okta orgのURL が「https://example.okta.com」である場合、「https://id.example.com」のように組織のカスタムURLを構成することができます。

URLのカスタマイズが完了したら、エンドユーザーと共有することができます。カスタマイズした通りにURL を共有するようにしてください。また、リダイレクトURLを使用してエンドユーザーを誘導しないでください。リダイレクトURLは機能しません。

使用方法やセットアップ方法の詳細は、「Okta URLドメインをカスタマイズ」をご覧ください。お探しのものが見つからない場合は、Oktaサポートまでお問い合わせください。

注意

カスタムURL ドメインを無効にすると、IDプロバイダー、認証サーバー、およびOIDC アプリの発行者モードが、組織の元のURLにリセットされます。

関連トピック

Oktaでホストされたカスタム サインイン ページの構成

カスタム エラーページの構成

一般的なカスタマイズ設定の構成