ユーザーアカウントの構成

エンドユーザーが個人情報やパスワードを管理できる外部アプリケーションを提供するときは、[User Account (ユーザーアカウント)]セクションを編集してリダイレクトリンクを設定し、リンクやメッセージをカスタマイズしてください。 エンドユーザーは、[Settings (設定)] > [Account (アカウント)]メニューからこれらのリンクにアクセスします。

これらの設定を編集しているときは、15分経過後にパスワードとMFA(設定されている場合)で再認証する必要があります。

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します カスタマイズ
  2. [General (一般)]タブで、[User Account (ユーザーアカウント)]セクションまでスクロールします。
  3. 複数のプロファイル マスターを使用している組織では、それらが[User Identity Master (ユーザーIDマスター)]ドロップダウンボックスに表示されます。 リンク先となるプロファイルマスターを選択し、[Edit (編集)]をクリックします。
  4. [Personal Information is managed by a different application (個人情報は別のアプリケーションにより管理されます)]を選択します。
    • [Custom Message (カスタムメッセージ)][Custom link label (カスタムリンクラベル)]フィールドを使って、メッセージの追加やURL ラベルの変更を行います。
    • [Custom Link URL (カスタムリンクURL)]フィールドに、ユーザーに個人情報の変更を促すリダイレクト先のWebサイトを入力します。
  5. [Password is managed by a different application (パスワードは別のアプリケーションにより管理されます)]を選択します。
    • [Custom Message (カスタムメッセージ)][Custom link label (カスタムリンクラベル)]フィールドを使って、メッセージの追加やURL ラベルの変更を行います。
    • [Custom Link URL (カスタムリンクURL)]フィールドに、ユーザーにパスワードの変更を促すリダイレクト先のWebサイトを入力します。
    • [Expired Password (期限切れのパスワード)]セクションには、ユーザーが期限切れのパスワードでOktaにサインインしようとしたときにリダイレクトされるWebサイトの名前とリンクのURL を入力します。
  6. [保存]をクリックします。

注

このセクションで設定したカスタム個人情報やパスワード変更フローをホストする際、X-Frame-Optionsを使用しないでください。 Oktaはこれらのフローをiframeとして読み込みます。

関連トピック

オプションのユーザーアカウントフィールドを構成する

一般的なカスタマイズ設定の構成