Oktaサポートへのアクセス権の付与

管理者にOktaサポートへのアクセス権を付与することで、管理者は組織にサインインし、問題のトラブルシューティングを行うことができます。スーパー管理者は、このアクセス権を8時間または追加として24時間単位で付与することができます。

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します [Account (アカウント)]に進みます。
  2. [Give Access to Okta Support (Oktaサポートへのアクセスの付与)]セクションで、[Edit (編集)]をクリックします。
  3. [Okta Support access (Oktaサポートへのアクセス)]オプションを[Enabled (有効)]に設定します。
  4. [Save(保存)]をクリックします。これでOktaサポートに、組織への8時間の管理者アクセス権が与えられました。
  5. Oktaサポートのアクセスを24時間延長するには、[Edit (編集)]をクリックし、[Extend access by 1 day (アクセスを1日延長)]をクリックします。
  6. 有効期限が切れる前にOktaサポートのアクセスを終了するには、[Edit (編集)]をクリックして、オプションを[Disabled (無効)]に設定します。

関連トピック

連絡先の設定

管理者向けにデフォルトのメール通知を設定する

クライアントベースのレート制限の構成