OktaとVMware Workspace ONEを使用して、デバイスの信頼とSSOをデスクトップデバイスに適用する


重要事項

重要

この統合は、SPを起点とする認証フローのみをサポートします。IdPを起点とするフロー(Okta End User DashboardでSAMLアプリをクリックすることによるリソースへのアクセス試行など)はサポートされません。



管理者はこのユースケースを利用して、エンドユーザーに機密性の高いアプリケーションへのアクセスを許可する前に、デバイスポスチャ―(デバイスが管理されているかどうかなど)を評価することでデバイスの信頼性を確立できます。また、OktaをWorkspace ONEの信頼できるIDプロバイダーとして確立することで、Workspace ONEアプリ、Workspace ONE Intelligent Hubアプリ、ウェブポータルにエンドユーザーがOktaの認証ポリシーでログインできるようになります。



このユースケースを構成するには: