OktaとVMware Workspace ONEを使用してデスクトップ・デバイスにDevice TrustとSSOを適用する


重要な注意事項

重要

この統合では、SP開始認証フローのみがサポートされています。IdP開始フロー(Okta End User DashboardでSAMLアプリをクリックしてリソースにアクセスしようとするなど)はサポートされていません。



このユース・ケースでは、管理者は、エンド・ユーザーに機密性の高いアプリケーションへのアクセスを許可する前に、デバイスが管理されているかどうかなどのデバイスの状態を評価することで、デバイスの信頼を確立することができます。また、OktaをWorkspace ONEへの信頼できるIDプロバイダーとして確立し、エンド・ユーザーがOkta認証ポリシーを使用してWorkspace ONEアプリ、Workspace ONE Integrated Hubアプリ、およびWebポータルにログインできるようにします。



このユース・ケースを構成するには: