規制薬物の電子処方用のMFA - Hyperspace

規制薬物の電子処方箋(EPCS)は、規制薬物の処方箋を医師から薬局に電子的に送信します。さらに、EPCSでは、監査・多要素認証・米国麻薬取締局によるその他の法的要件が求められるため、セキュリティが強化されます。EPCSを使用すると、医師が電子的に処方箋を作成して署名し、安全に送信できるため、紙の処方箋は不要になります。薬局はEPCSを使用して、これらの規制薬物の受け取り、確認、調剤を行うことができます。

ePCSフローの詳細については、「規制薬物の電子処方箋(ePCS)用のMFA - フロー」を参照してください。

はじめに

以下を確認します。

  • ユーザー:
    • Oktaに存在する必要があります。
    • OktaでEpic Hyperspaceアプリが割り当てられている必要があります。
    • ePCSトランザクションを実行する前にMFAに登録する必要があります。
  • 管理者は、ユーザーによるログフォルダーへの更新アクセスを許可するようにサーバーを構成する必要があります。通常は次のパスになります:C:\Program Files (x86)\Okta\OktaHyperspaceLoginDevice\logs

一般的なワークフロー

タスク

説明

TLSを構成する 必要なトランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)を構成し、TLS 1.2以上が構成されていることを確認します。
ePCS用にOktaを構成する グループ、MFA、Epic Hyperspace EPCSアプリを構成します。
エージェントのダウンロード Org管理者は、OktaサポートにOkta Hyperspaceエージェントのダウンロード・リンクを提供するよう依頼する必要があります。エージェントのバージョン履歴については、「Okta Hyperspaceエージェントのバージョン履歴」をご覧ください。
エージェントをインストールする Okta Hyperspaceエージェントをインストールします。
Chroniclesでデバイスを構成する Chroniclesで新しいデバイスを構成します。
Hyperspaceを構成する Oktaと統合するようにHyperspaceを構成します。
ユーザーのログインプロセスをテストする ログインフローをテストする
Hyperspace統合のトラブルシューティングを行う 任意。統合のトラブルシューティングを行います。