Okta Privileged Accessゲートウェイをインストールする

はじめに

ゲートウェイサーバーが次を実行できることを確認します。

  • scaleft.comからパッケージをダウンロードする
  • クライアントからの受信接続をリッスンする

    AWSなどのクラウドプロバイダーにゲートウェイをインストールする場合、セキュリティグループのルール変更が必要となる場合があります。

  • 宛先サーバー(SSHターゲットホストとも呼ばれる)に直接接続する
  • セッションログを保持するための十分なストレージ容量を提供する
  • NTP(Network Time Protocol)サービスが稼働しており、外部のNTPプールサーバーと正しく同期されている

ゲートウェイ経由でルーティングされるRDP接続には、Ubuntu 20.04、22.04、RHEL 8、またはRHEL 9が必要です。

インストールガイド

Okta Privileged AccessゲートウェイをRed Hat/CentOSにインストールする

Okta Privileged AccessゲートウェイをUbuntu/Debianにインストールする