エンド・ユーザーへのサインオン通知

このメール通知を有効にすると、エンド・ユーザーにあらゆるサインイン・アクティビティーが通知されます。このメールには認証の時間と場所に加えて、サインインに使用されたWebブラウザーやオペレーティング・システムなどのユーザー・サインオンの詳細が含まれています。

重要な注意事項

重要

新しいサインオン通知メールは、多要素認証などの他のセキュリティー機能を補完するものであり、代替として機能すべきものではありません。ほとんどのシナリオでクライアントは簡単かつ正確に識別されますが、いくつかの制限があります。

HealthInsightタスクの推奨事項

ネットワークのブロックリストを構成して、既知の不正なIPアドレスによるアクセス、またはOktaテナントのロケーションからのアクセスを拒否します。

Oktaの推奨事項

このメール通知を有効にすると、エンド・ユーザーに新しいサインオン・アクティビティーが通知され、別のユーザーが自分のアカウントにサインインしたことを知ることができます。

セキュリティーへの影響

エンドユーザーへの影響

エンド・ユーザーが新規または認識されていないクライアントからサインインすると、エンド・ユーザーにメール通知が送信されます。

既知の制限

現在、新規サインオン通知では、新規サインインのメール通知を送信する際にImproved New Device Behavior Detection(強化された新規デバイス挙動検知)が使用されていません。deviceTokenまたはブラウザーのCookieを変更した場合、新規サインオンのメール通知がトリガーされない可能性があります。

エンド・ユーザーへのサインオン通知メールを有効にする

  1. 管理コンソールから、[セキュリティー] > [一般]に移動します。
  2. [セキュリティー通知メール]の下で[編集]をクリックします。
  3. [新規サインオンに関する通知メール][有効]に設定します。

    エンド・ユーザーが組織にサインインするたびにメールを受信できるように通知を有効にします。

  4. [保存]をクリックして次に進みます。

関連項目

HealthInsightタスクと推奨事項

ネットワーク・ゾーンについて

Okta ThreatInsightを構成する

エンド・ユーザーへのパスワードの変更通知

エンド・ユーザーへの要素の登録通知

エンド・ユーザーへの要素のリセット通知

一般的なセキュリティー