IPゾーンの作成

一連のIPに基づいてネットワーク境界を定義するIPゾーンを作成します。IPゾーンはゲートウェイIPとプロキシーIPで構成されています。

IPゾーンを構成する際には、こちらを考慮してください:

  • IPゾーンを構成する際には、1つ以上のゲートウェイまたはプロキシーが必要です。
  • [このゾーンでリスト化されている条件に一致するIPからのアクセスをブロック]を選択すると、ゾーン内のIPを含むIPチェーンを使用したすべてのリクエストはブロックされ、Oktaにアクセスできなくなります。

  • 単一のブロック・ゾーンには最大1000件のIP、IP範囲、CIDRを追加でき、すべてのIPゾーンで最大25,000件まで追加できます。

  • 1つの非ブロック・ゾーンには、最大150件のゲートウェイIP、IP範囲、CIDRに加えて、最大150件のプロキシーIP、IP範囲、CIDRも追加できます。

IPゾーンの作成

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > [ネットワーク]に移動します。

  2. [ゾーンを追加]ダイアログから[IPゾーン]を選択します。
  3. [ゾーン名]にIPゾーンの名前を入力します。
  4. 任意:[このゾーンでリスト化されている条件に一致するIPからのアクセスをブロック]を選択すると、一致するIPアドレスからOktaにアクセスできないようにすることが可能です。
  5. ゲートウェイIPアドレスとプロキシーIPアドレスを入力します。IPとIP範囲は改行またはコンマで区切ります。単一のIP、IP範囲、CIDR表記を追加できます。
  6. [保存]をクリックします。

関連項目

IPゾーンについて

ネットワーク・ゾーンについて

システム・ログからネットワーク・ゾーンへのIPの追加