Oktaページにテーマを適用する

テーマを設定したら、Oktaでホストされるサインインページとエラーページ、およびOkta End-User Dashboardに適用できます。

エンドユーザーがアプリケーションにサインインしようとすると、Oktaでホストされたサインインページにリダイレクトされます。サインイン中にエラーが発生すると、Oktaにはデフォルトのエラーページが表示されます。エンドユーザーは、サインインに成功すると、ダッシュボードを使用してアプリケーションに安全にアクセスします。

このタスクの管理者ロールについて

ブランディングを使用するには、スーパー管理者、org管理者、またはカスタム管理者(カスタム)である必要があります。

開始する前に

  • orgのテーマを設定します
  • 任意。サインインページおよびエラーページですでにコードエディターを使用していて、代わりにカスタムブランディングを使用したい場合は、エディターページに移動して[Reset to default(デフォルトにリセット)]をクリックします。コードエディターを使用してカスタマイズすると、これらのページのブランディングが上書きされます。

テーマを適用する

  1. 管理コンソール[Customizations(カスタマイズ)] > [Branding(ブランディング)]に移動します。
  2. [Pages(ページ)]パネルで、カスタマイズするページの[Edit(編集)]をクリックします。
  3. [Style Editor(スタイルエディター)]ビューで、ベーススタイルを選択し、ページに適用されたテーマをプレビューします。
  4. [Save and publish(保存して公開)]をクリックします。

フル機能のコードエディター(EA)を有効にしている場合、Oktaでホストされるサインインページおよびエラーページにテーマを適用する手順は異なります。

  1. 管理コンソール[Customizations(カスタマイズ)] > [Branding(ブランディング)]に移動します。
  2. [Pages(ページ)]パネルで、サインインページまたはエラーページの[Edit(編集)]をクリックします。
  3. [Page Design(ページデザイン)]タブで、ベーススタイルを選択し、ページに適用されたテーマをプレビューします。
  4. [Save and publish(保存して公開)]をクリックします。

次の手順

Oktaメール通知にテーマを適用する