Oktaページにテーマを適用する

これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、早期アクセス機能とベータ機能の管理で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

テーマを設定したら、Oktaでホストされるサインイン・ページとエラー・ページ、およびEnd-User Dashboardに適用できます。

エンド・ユーザーがアプリケーションにサインインしようとすると、Oktaでホストされるサインイン・ページにリダイレクトされます。サインイン中にエラーが発生すると、Oktaにはデフォルトのエラー・ページが表示されます。エンド・ユーザーは、サインインに成功すると、ダッシュボードを使用してアプリケーションに安全にアクセスします。

このタスクの管理者ロールについて

ブランディングを使用するには、スーパー管理者または組織管理者である必要があります。

開始する前に

  1. 組織のテーマを設定する
  2. 任意:サインイン・ページおよびエラー・ページですでにコード・エディターを使用していて、代わりにカスタム・ブランディングを使用したい場合は、エディター・ページに移動して[デフォルトにリセット]をクリックします。コード・エディターを使用してカスタマイズすると、これらのページのブランディングが上書きされます。

このタスクを開始する

テーマを保存した後は、Oktaのページのさまざまなレイアウトをプレビューできます。

  1. 管理コンソールで[カスタマイズ] > [ブランディング]に移動します。
  2. [ページ]パネルで、カスタマイズするページの[編集]をクリックします。
  3. [スタイル・エディター]ビューで、ベース・スタイルを選択し、ページに適用されたテーマをプレビューします。
  4. [保存して公開]をクリックします。

次の手順

Okta Communicationsにテーマを適用する