Okta Communicationsにテーマを適用する

これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、早期アクセス機能とベータ機能の管理で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

テーマを設定したら、Oktaメール・テンプレートのベース・スタイルとして使用できます。Oktaは、パスワードがリセットされるか、アカウントがアクティブ化またはロック解除されると、エンド・ユーザーにメール通知を送信します。これらの通知は、Oktaでサポートされている各言語で、カスタマイズ可能なテンプレートとして利用できます。

このタスクの管理者ロールについて

ブランディングを使用するには、スーパー管理者または組織管理者である必要があります。

開始する前に

組織のテーマを設定する

テーマはテンプレートのレイアウトにのみ影響することに注意してください。テキストもカスタマイズする場合は、通知を手動モードに変更します。つまり、Oktaはデフォルトのメール・テンプレートをほかの言語で送信するのを停止します。そのため、カスタム・メッセージを組織がサポートする各言語に翻訳する必要があります。メール・テンプレートをカスタマイズするを参照してください。

このタスクを開始する

テーマを保存した後は、Oktaのテンプレートのさまざまなレイアウトをプレビューできます。

  1. 管理コンソールで[カスタマイズ] > [ブランディング]に移動します。
  2. [コミュニケーション]パネルで、[ベース・メール・スタイル][編集]をクリックします。
  3. [スタイル・エディター]ビューで、ベース・スタイルを選択し、ページに適用されたテーマをプレビューします。
  4. [保存して公開]をクリックします。

関連項目

ブランディング

組織のテーマを設定する

Oktaページにテーマを適用する