Oktaメール通知にテーマを適用する

テーマを設定したら、Oktaメールテンプレートのベーススタイルとして使用できます。Oktaは、パスワードがリセットされるか、アカウントがアクティブ化またはロック解除されると、エンドユーザーにメール通知を送信します。これらの通知は、Oktaでサポートされている各言語で、カスタマイズ可能なテンプレートとして利用できます。

このタスクの管理者ロールについて

ブランディングを使用するには、スーパー管理者、org管理者、またはカスタム管理者(カスタム)である必要があります。

開始する前に

orgのテーマを設定します

テーマはテンプレートのアセットとカラーにのみ影響することに注意してください。テキストもカスタマイズする場合は、通知を手動モードに変更します。つまり、Oktaはデフォルトのメールテンプレートをほかの言語で送信するのを停止します。そのため、カスタムメッセージをorgがサポートする各言語に翻訳する必要があります。「メールテンプレートをカスタマイズする」を参照してください。

このタスクを開始する

  1. Okta Admin Console[Customizations(カスタマイズ)]>[Branding(ブランディング)]に移動します。
  2. [Communication(コミュニケーション)]パネルで、Eメールの[Edit(編集)]をクリックします。
  3. [Base email styles(ベースメールスタイル)]パネルで、[Configure(構成)]をクリックします。
  4. [Style editor(スタイルエディター)]ビューで、ベーススタイルを選択し、ページに適用されたテーマをプレビューします。
  5. [Save and publish(保存して公開)]をクリックします。

関連項目

ブランディング

orgのテーマを設定する

Oktaページにテーマを適用する