ブランディング

ブランディングは、Oktaのインターフェイスをカスタマイズするためのコードなしのツールです。

ブランディングは、ユーザーにシームレスなエクスペリエンスを提供します。ユーザーがサインインするページには、orgの背景とロゴが表示されます。彼らのOkta End-User Dashboardはあなたの色でブランド化されています。エラーが発生した場合、そのページはテーマを維持します。アカウントとパスワードの保守のために送信するメールメッセージにも、orgのブランドが反映されます。

タスク

説明

orgのテーマを設定する orgのテーマは、ロゴ、ファビコン、プライマリカラー、セカンダリカラー、および背景画像で構成されています。
Oktaページにテーマを適用する テーマを設定したら、Oktaでホストされるサインインページとエラーページ、およびOkta End-User Dashboardに適用できます。
Oktaメール通知にテーマを適用する Oktaは、パスワードがリセットされるか、アカウントがアクティブ化またはロック解除されると、エンドユーザーにメール通知を送信します。
orgのフッターを構成する 「Powered by Okta」メッセージを非表示にするか、独自のプライバシーポリシーにリンクすることで、フッターをカスタマイズできます。
注

コードエディターを使用してサインインページとエラーページをカスタマイズすると、これらのページのブランディングが上書きされます。リセットの手順については、「開始する前に」を参照してください。