カスタム・エラー・ページを構成する

URLドメインとホストされているサインイン・ページをカスタマイズするだけでなく、デフォルトのOktaエラー・ページをカスタマイズして、アプリケーションとの整合性を保つこともできます。 [カスタマイズ]ページの[カスタム・エラー・ページ]タブには、開始に役立つ埋め込みHTMLエディターが用意されています。 使用法と設定の詳細については、「ホストされたエラー・ページをカスタマイズする」のガイドを参照してください。

注:追加のカスタマイズ・オプションはブランディングで使用できます。 これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、早期アクセス機能とベータ機能の管理で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

関連項目

一般的なカスタマイズ設定を構成する

Oktaでホストされるカスタムのサインイン・ページを構成する