カスタム エラーページの構成

サインインフローでエラーが発生した場合、OktaはカスタムサインインページとURLドメインに関連するユーザーにカスタムエラーページを表示します。開始するには、埋め込まれたコードエディターを使用します。

  1. Okta管理コンソール[Customizations(カスタマイズ)]>[Branding(ブランディング)]に移動します。

  2. [Error Pages(エラーページ)]セクションで[Edit(編集)]をクリックします。

  3. [Code editor(コードエディター)]の横のトグルをオンに切り替え、コードエディターを開きます。

使用法と設定の詳細については、「ホストされたエラーページをカスタマイズする」のガイドを参照してください。

関連項目

一般的なカスタマイズ設定を構成する

Oktaでホストされるカスタムのサインインページを構成する