ユーザー・アカウントを構成する

エンド・ユーザーが個人情報とパスワードを管理できる外部アプリケーションを提供している場合は、[ユーザー・アカウント]セクションを編集して、リダイレクト・リンクを構成し、リンクとメッセージをカスタマイズします。エンド・ユーザーは、[設定] > [アカウント]メニューでこれらのリンクにアクセスします。

これらの設定を編集しているときは、15分後にパスワードと多要素認証(構成されている場合)を使用して再認証する必要があります。

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します [カスタマイズ][一般]タブを選択します。 または、有効にした場合 EAのブランディング、移動します [カスタマイズ] > [その他]
  2. [ユーザー・アカウント]セクションまでスクロールします。
  3. 組織で複数のプロファイル・マスターを使用している場合、それらは[ユーザーIDマスター]ドロップダウン・ボックスに表示されます。リンクするプロファイル・マスターを選択し、[編集]をクリックします。
  4. [個人情報は別のアプリケーションにより管理されます]を選択します。
    • [カスタム・メッセージ]フィールドおよび[カスタム・リンク・ラベル]フィールドを使用して、メッセージを追加するか、URLラベルを変更します。
    • [カスタム・リンクURL]フィールドに、個人情報の変更に使用するリダイレクト先のWebサイトを入力します。
  5. [パスワードは別のアプリケーションにより管理されます]を選択します。
    • [カスタム・メッセージ]フィールドおよび[カスタム・リンク・ラベル]フィールドを使用して、メッセージを追加するか、URLラベルを変更します。
    • [カスタム・リンクURL]フィールドに、パスワードの変更に使用するリダイレクト先のWebサイトを入力します。
    • [パスワードの期限切れ]セクションに、ユーザーが期限切れのパスワードでOktaにサインインしようとしたときにリダイレクトされるWebサイトの名前とリンクURLを入力します。
  6. [保存]をクリックします。

注

このセクションで構成するカスタムの個人情報をホストしたり、パスワード・フローを変更したりするためにX-Frame-Optionsを使用しないでください。Oktaはこれらのフローをiframeとして読み込みます。

関連項目

オプションのユーザー・アカウント・フィールドを構成する

一般的なカスタマイズ設定を構成する