アクセスをOktaサポートに付与する

Oktaサポートに管理者アクセスを付与すると、Oktaサポートが組織にサインインして問題のトラブルシューティングを行うことができます。スーパー管理者は、このアクセス権を8時間付与できます。また、24時間単位で延長することもできます。

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します [アカウント]
  2. [アクセスをOktaサポートに付与する]セクションで、[編集]をクリックします。
  3. オプションの[Oktaサポート・アクセス][有効]に設定します。
  4. [保存]をクリックします。Oktaサポートは、組織への管理者アクセスを8時間持てるようになりました。
  5. Oktaサポートのアクセスを24時間単位で延長するには、[編集]をクリックし、[1日拡張アクセス]をクリックします。
  6. 有効期限が切れる前にOktaサポートのアクセスを終了するには、[編集]をクリックし、オプションを[無効]に設定します。

関連項目

連絡先を設定する

デフォルトの管理者メール通知を設定する

クライアント・ベースのレート制限を構成する