重複ポリシーをマージする

マージ機能は、同じルールを持つ認証ポリシーを見つけて、それらのアプリを1つのポリシーに移動してから、重複を削除します。RADIUS、O365、Okta Admin Consoleなどの特定のアプリ用のものを除いて、org内のすべての認証ポリシーをマージできます。

デフォルトポリシーは特殊なケースです。重複をデフォルトポリシーにマージすることはできますが、デフォルトポリシーを別のポリシーにマージすることはできません。

  1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Authentication Policies(認証ポリシー)]に移動します。
  2. マージを開始するポリシーを選択します。これが維持するポリシーであることを確認してください。重複からのすべてのアプリがここに移動します。
  3. [Actions(アクション)]メニューをクリックし、[Merge duplicate policies(重複ポリシーをマージ)]を選択します。

マージには数分かかる場合があり、この間、[Authentication Policies(認証ポリシー)]ページは読み取り専用になります。完了すると、マージ結果が記載されたメールが届きます。

関連項目

認証ポリシーにアプリを追加する

認証ポリシーをアップデートする