認証ポリシーをアップデートする

[Authentication Policies(認証ポリシー)]ページを使用して、ポリシーと、ポリシーが適用されるアプリを表示します。ポリシーの削除、名前の変更、ルールの変更、またはアプリの管理を行う場合は、ポリシーを選択します。

  1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Authentication Policies(認証ポリシー)]に移動します。

  2. アップデートするポリシーを選択します。

  3. [Policy(ポリシー)]ページでは、次のアップデートを行うことができます。

    • [Actions(アクション)]>[Edit name and description(名前と説明を編集)]をクリックして、名前または説明を変更します。

    • [Actions(アクション)]>[Delete(削除)]をクリックして、ポリシーを削除します(ポリシーが適用されているアプリがない場合)。

  4. [Rules(ルール)]タブでは、次のアップデートを行うことができます。

    • [Actions(アクション)]>[Edit(編集)]をクリックして、ルールの条件を変更します。

    • [Add rule(ルールを追加)]をクリックして、ルールを追加します。「認証ポリシールールを追加する」を参照してください。

    • [Actions(アクション)]>[Deactivate(非アクティブ化)]をクリックして、ルールを非アクティブ化します。

    • [Actions(アクション)]>[Delete(削除)]をクリックして、非アクティブ化されたルールを削除します。

    • ルールをドラッグアンドドロップして、優先度を並べ替えます。

  5. [Applications(アプリケーション)]タブでは、次のアップデートを行うことができます。

    • [Add app(アプリを追加)]をクリックして、アプリをポリシーに追加します。

    • [Switch policy(ポリシーを切り替える)]をクリックして、アプリをポリシーから削除します。ドロップダウンメニューから使用するポリシーを選択し、[Save(保存)]をクリックします。

関連項目

認証ポリシーを作成する

認証ポリシールールを追加する

認証ポリシーにアプリを追加する

ファーストパーティーアプリの認証ポリシーを変更する

プリセット認証ポリシー