認証ポリシーを作成する

プリセットポリシーを使用したり、既存のポリシーを共有したりしない場合は、アプリの認証ポリシーを作成します。ポリシーを作成する際は、2つの要素タイプを持つすべてのリクエストに対してアクセスを許可する、単一のキャッチオールルールから開始します。

開始する前に

オーセンティケーターをセットアップする

グローバルセッションポリシーを作成する

このタスクを開始する

  1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Authentication Policies(認証ポリシー)]に移動します。

  2. [Add a policy(ポリシーを追加)]をクリックします。
  3. ポリシーの[Name(名前)][Description(説明)]を入力します。
  4. [Save(保存)]をクリックします。

次のステップでは、ルールをポリシーに追加するか、キャッチオールルールを編集します。独自のルールを追加してキャッチオールよりも優先することで、ユーザーアクセスを構成することができます。

次の手順

認証ポリシールールを追加する

認証ポリシーをアップデートする

認証ポリシーにアプリを追加する