属性レベルのソーシングについて

属性レベルのソーシングでは、個々のユーザー属性に対して異なるプロファイル・ソースを指定できます。これを使用しない場合、ユーザーのすべての属性が単一のプロファイル・ソースによって提供されます。

Oktaユーザーのプロファイル・ソース は通常、Active Directoryなどのディレクトリー・サービスまたはWorkdayなどのアプリです。複数のディレクトリーまたはアプリを使用する場合、ユーザー属性がそれぞれの割り当てに基づいて異なるソースから供給されるように、プロファイル・ソースに優先順位を付けることができます。属性レベルのソーシングではこれをさらに一歩進め、異なるユーザー属性に対して異なるプロファイル・ソースを指定できます。

たとえば、OktaユーザーがWorkdayから提供された名前部門などのプロファイル属性を持つことができます。属性レベルのソースを使用する場合、電話番号メールアドレスはActive Directoryから取得でき、個人メールアドレスまたは優先表示名はOktaから取得してエンド・ユーザーが管理することができます。

プロファイル・ソーシングはOktaユーザー・プロファイルにのみ適用され、アプリ・ユーザー・プロファイルには適用されません。

属性レベルのソーシングを完了するには、次のタスクを実行します。