メールの転送

転送アドレスを作成します。

このアクションカードを使用するには、初めにGoogle Cloudプロジェクトとサービスアカウントをセットアップする必要があります。「 所有権の転送機能のためのアカウントの認可」を参照してください。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Google Cloud Platform Project(Google Cloud Platformプロジェクト)

ユーザーが属するプロジェクト。

最大で100プロジェクトが表示されます。

オプションとしてメールアドレスによってプロジェクトを指定するには、[Enter Service Account Email(サービスアカウントメールの入力)]を選択します。このオプションを選択すると、[Service Account(サービスアカウント)]フィールドにも同じオプションが設定されます。[Service Account(サービスアカウント)]入力セクションの[Email(メール)]フィールドにメールアドレスを入力する必要があります。

失敗が生じてプロジェクトがドロップダウンに表示されないときは、[Enter Service Account Email(サービスアカウントメールの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンTRUE
Service Account(サービスアカウント)

ユーザーが属するサービスアカウント。

最大で100サービスアカウントが表示されます。

エラーが生じてアカウントがドロップダウンに表示されないときは、[Enter Service Account Email(サービスアカウントメールの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Forward From (転送元)
Email(メール)メッセージの転送元とすることができるメールアドレス。文字列TRUE
Forward To (転送先)
Email(メール)メッセージの転送先とすることができるメールアドレス。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Forwarding Email (転送メール)メッセージの転送先とすることができるメールアドレス文字列
Enabled (有効)転送が有効かどうかを示します。値はtrueまたはfalseです。ブーリアン
Disposition (処置) 転送後のメッセージの処置を示します。値は次のとおりです。
  • archive:メッセージをアーカイブする。
  • dispositionUnspecified:未指定の処置
  • leaveInInbox:メッセージを受信ボックスに放置する
  • markRead:メッセージを受信ボックスに放置し、既読のマークを付ける
  • trash:メッセージをゴミ箱へ移動する
文字列

関連項目

Gmailコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Gmail APIドキュメンテーション