カレンダーへのユーザーの追加

共有のGoogleカレンダーにユーザーを追加します。

注意

このアクションカードを正しく使用するには、このカードのGoogleカレンダー接続で、カレンダー所有者の資格情報を使用する必要があります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Calendar(カレンダー)ユーザーを削除する対象として使用可能なカレンダーのドロップダウンリスト。ドロップダウンTRUE
Send Notification?(通知を送信するか?)ユーザーが共有Googleカレンダーに追加された後で、通知を送信するかどうかを指定します。ブーリアンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
ユーザー
Email(メール)ユーザーのメールアドレス。文字列TRUE
Role(ロール) ユーザーのロールで、次のオプションを選択できます。
  • none:アクセスを許可しません。

  • freeBusyReader:空きおよびビジー情報への読み取りアクセス権を提供します。

  • reader:カレンダーへのアクセス権を提供します。プライベートイベントは読み取りアクセス権を持つユーザーに表示されますが、イベントの詳細は非表示です。

  • writer:カレンダーへの読み取りおよび書き込みアクセス権を提供します。プライベートイベントは書き込みアクセス権を持つユーザーに表示され、イベント詳細は表示可能です。

  • owner:カレンダーの所有権を提供します。このロールは、writerロールのすべての権限に加えて、アクセス制御リスト(ACL)の参照と操作を行えます。

ドロップダウンTRUE
注意

カレンダーが当てられても、ユーザーのカレンダーのリストに自動的に表示されるわけではありません。新たに割り当てられたカレンダーをリストに追加するには、カレンダーが割り当てられた後でユーザーに送られる通知のメールで、[Add this calendar(このカレンダーを追加)]リンクをクリックします。

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値
Access Rule(アクセスルール)
IDアクセス制御リスト(ACL)ルールの識別子。文字列
Scope(スコープ) ACLルールによって与えられるカレンダーへのアクセスの範囲。 オブジェクト
Type(タイプ) 返されるデータのタイプ。

default:公開スコープ。これはデフォルト値です。

user:単一ユーザーにスコープを制限します。

group:グループにスコープを制限します。

domain:ドメインにスコープを制限します。

注

default、すなわち公開の権限が与えられた場合、認証済みか否かにかかわらず、すべてのユーザーにスコープが適用されます。

文字列
Value(値)スコープのタイプに応じて、ユーザーやグループのメールアドレス、またはドメイン名です。タイプがdefaultの場合は省略します。文字列

関連項目

Googleカレンダーコネクタ

Okta Workflowsの要素について

GoogleカレンダーAPIドキュメンテーション