リマインダーの作成

Googleカレンダー上にリマインダーを作成します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Calendar (カレンダー)カレンダーイベントを作成する使用可能なカレンダーのドロップダウンリスト。ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Event (イベント)
Event ID(イベントID)イベントの識別子。文字列TRUE
Create Reminder for Recurring Event (繰り返しイベントのリマインダーを作成) イベントのリマインダーを設定するかどうかを指定します。オプションは次のとおりです。
  • This event (このイベント)
  • This and following events (これ以降のイベント)
  • All events (すべてのイベント)
ドロップダウンTRUE
Reminder (リマインダー)
Method (方式)リマインダーが送信される方式。オプションは[Email (メール)]または[Notification (通知)]です。ドロップダウンTRUE
Minutes (分数)リマインダーを発行する前に経過する必要がある分数。範囲は1から40320までです。文字列FALSE
注

最大で5つのリマインダーを送信できます。

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Googleカレンダーコネクタ

Okta Workflowsの要素について

GoogleカレンダーAPIドキュメンテーション