イベントの削除

Googleカレンダー上の既存のイベントを削除します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Calendar (カレンダー)カレンダーイベントを削除する使用可能なカレンダーのドロップダウンリスト。ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Event (イベント)
Event ID (イベントID) 削除するIDを入力します。このIDを特定するには、次の手順に従います。
  1. イベントデバッグURL(https://www.google.com/calendar/render?gsessionid=OK&eventdeb=1)に移動します。
  2. ダブルクリックして影響を受けるイベントを表示します。
  3. ドロップダウンメニュー[More Actions (その他のアクション)]を選択します。
  4. [Troubleshooting Info (トラブルシューティング情報)]をクリックします。
  5. 表示されるテキストをコピーし、カードに貼り付けます。
文字列TRUE
Send Updates (更新の送信)イベントの更新に関する通知(タイトルの変更など)を受け取る必要があるゲスト。オプションは次のとおりです。
  • [All (すべて)]:通知はすべてのゲストに送信されます
  • [External Only (外部のみ)]:通知はGoogleカレンダー以外のゲストにのみ送信されます
  • [None (なし)]:通知は送信されません
ドロップダウンFALSE
Delete Recurring Event (繰り返しイベントの削除)
Delete (削除) 削除するイベントを指定します。オプションは次のとおりです。
  • This event (このイベント)
  • This and following events (これ以降のイベント)
  • All events (すべてのイベント)
ドロップダウンTRUE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

ドロップダウン

関連項目

Googleカレンダーコネクタ

Okta Workflowsの要素について

GoogleカレンダーAPIドキュメンテーション