イベントの更新

指定されたカレンダー上でGoogleカレンダーアカウントの既存のイベントを更新します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Calendar (カレンダー)使用可能なカレンダーのドロップダウンリスト。更新するイベントがすでに存在するカレンダーを選択します。ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Event ID(イベントID)イベント識別子。文字列TRUE
Update Recurring Event (繰り返しイベントの更新)更新が1つ以上の一連のイベントに適用されるかどうかを指定します。オプションは[This event (このイベント)][This and following events (これ以降のイベント)]、または[All events (すべてのイベント)]です。ドロップダウンTRUE
Summary(概要)イベントのタイトル。文字列FALSE
Location(場所)イベントの地理的な場所。文字列FALSE
Description(説明)イベントの説明。文字列FALSE
Start Time(開始日時)イベントを開始する日時。形式はYYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ / YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+HH:MM(タイムゾーンオフセット)です。日付&時刻FALSE
End Time(終了日時)イベントを終了する日時。形式はYYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ / YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+HH:MM(タイムゾーンオフセット)です。日付&時刻FALSE
Status(ステータス)イベントのステータス。オプションはConfirmedTentative、またはCancelledです。文字列FALSE
Attendees(参加者) 参加者がメールアドレスで一覧表示されます。 文字列FALSE
Reminders(リマインダー)認証されたユーザー向けのイベントのリマインダーに関する情報。文字列FALSE
Send Updates (更新の送信)イベントの更新に関する通知(タイトルの変更など)を受け取る必要があるゲスト。オプションは次のとおりです。
  • [All (すべて)]:通知はすべてのゲストに送信されます
  • [External Only (外部のみ)]:通知はGoogleカレンダー以外のゲストにのみ送信されます
  • [None (なし)]:通知は送信されません
文字列FALSE
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値FALSE
ヒント

イベントにルームやリソースを追加するには、ルームやリソースに割り当てられたメールアドレスを見つける必要があります。

Google Adminで、リソースのページからリソースのメールアドレスをコピーし、[Attendees(参加者)]フィールドの参加者リストに追加します。会議室のメールアドレスの例は、c_244bu0rtcm6sjhhg2ce582a2h5m4@resource.calendar.google.comのようになります。

関連項目

Googleカレンダーコネクタ

Okta Workflowsの要素について

GoogleカレンダーAPIドキュメンテーション