ドキュメントを更新する

Google Docsの指定のドキュメントを更新します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Operation Type(操作タイプ)

次のいずれかのメソッドを選択します。

  • Find and Replace(検索置換):ドキュメント内の既存のテキストを新しいテキストに置き換えます。

  • Insert Text(テキスト挿入):ドキュメントにテキストを挿入します。

  • Update Text Style(テキストスタイル更新):ドキュメントのテキストスタイルを更新します。

  • Create Paragraph Bullets(段落ブレット作成):ドキュメントに段落ブレットを作成します。

  • Update Paragraph Style(段落スタイル更新):ドキュメント内の段落を更新します。

  • Insert Inline Image(インライン画像挿入):ドキュメントにインライン画像を挿入します。

ドロップダウン

入力

v
フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Document(ドキュメント)
ID ドキュメントの一意のID。 文字列
Update(更新)
Find(検索)

置き換えの対象となるテキスト。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Find and Replace(検索置換)]を選択した場合に表示されます。

文字列 TRUE
replace with(置換)

新しい値として設定されるテキスト。このフィールドが空または未選択の場合、[Text To Replace(置き換えテキスト)]フィールドはドキュメントから削除されます。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Find and Replace(検索置換)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Match Case?(大文字/小文字の一致)

Trueは、検索に大文字と小文字を使用することを示します。それ以外の場合は、Falseとなります。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Find and Replace(検索置換)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Text(テキスト)

ドキュメントに挿入するテキスト。「Google Docsコネクターに関するガイダンス」を参照してください。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Insert Text(テキスト挿入)]を選択した場合に表示されます。

文字列 TRUE
Index(インデックス)

ゼロベースのインデックス(UTF-16コード単位)。インデックスは、セグメントIDによって指定されるセグメントの先頭に対して相対的です。[Segment ID(セグメントID)]の入力なしで使用すると、本文とテキストが本文に設定されます。「Google Docsコネクターに関するガイダンス」を参照してください。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Insert Text(テキスト挿入)]または[Insert Inline Image(インライン画像挿入)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Start Index(開始インデックス)

この範囲のゼロベースの開始インデックス。ドキュメント本文では、Start Index(開始インデックス)およびEnd Index(終了インデックス)プロパティのインデックス値が使用されます。これらはそれぞれ、行の先頭の文字と末尾の文字のインデックスを表します。開始および終了インデックスの取得には、Read Documentカードが使用されます。特定のセグメント(ヘッダー、フッター、脚注)では、[End Index(終了インデックス)]は行の長さとして使用されます。開始インデックスは常に0です。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)][Create Paragraph Bullets(段落ブレット作成)]、または[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 TRUE
End Index(終了インデックス)

この範囲のゼロベースの終了インデックス(排他的)。ドキュメント本文では、Start Index(開始インデックス)およびEnd Index(終了インデックス)プロパティのインデックス値が使用されます。これらはそれぞれ、行の先頭の文字と末尾の文字のインデックスを表します。開始および終了インデックスの取得には、Read Documentカードが使用されます。特定のセグメント(ヘッダー、フッター、脚注)では、[End Index(終了インデックス)]は行の長さとして使用されます。開始インデックスは常に0です。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)][Create Paragraph Bullets(段落ブレット作成)]、または[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 TRUE
Segment ID(セグメントID)

場所が含まれるヘッダー、フッター、脚注のID。空の[Segment ID(セグメントID)]は、ドキュメントの本文を表します。[Index(インデックス)]フィールドなしで指定した場合、使用される場所は、本文、ヘッダー、フッター、脚注の末尾となります。それ以外の場合は、ドキュメントセグメント内の最後の改行の直前となります。「Google Docsコネクターに関するガイダンス」を参照してください。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Test Style(テキストスタイル更新)][Create Paragraph Bullets(段落ブレット作成)][Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]、または[Insert Inline Image(インライン画像挿入)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Reset To Default?(デフォルトにリセット?)

Trueは、選択した入力がデフォルト値にリセットされることを意味します。それ以外の場合は、Falseとなります。入力をデフォルト値に更新するには、それを入力フィールドとして選択します。次のフィールドはデフォルト値に設定できず、無視されます。

  • Font Weight(フォントの太さ)

  • Link(リンク)

  • Link Type(リンクタイプ)

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]、または[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Bold(太字)

Trueは、テキストを太字で表示することを示します。それ以外の場合は、Falseとなります。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Italic(斜体)

Trueは、テキストを斜体で表示することを示します。それ以外の場合は、Falseとなります。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Underline(下線)

Trueは、テキストに下線を引くことを示します。それ以外の場合は、Falseとなります。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Strikethrough(打ち消し線)

Trueは、テキストに打ち消し線を表示することを示します。それ以外の場合は、Falseとなります。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Small Caps(スモールキャップ)

Trueは、テキストをスモールキャップ文字で表示することを示します。それ以外の場合は、Falseとなります。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Background Color (背景色)

RGBまたはHEXの色の値。各色の値の形式は、次のいずれかです。

RGB:255,10,34

HEX:#ff00d3または#fff

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Foreground Color(前景色)

RGBまたはHEXの色の値。各色の値の形式は、次のいずれかである必要があります。

RGB:255,10,34

HEX:#ff00d3または#fff

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Font Size(フォントサイズ)

テキストのフォントサイズ。計測単位はポイント(1インチの1/72)です。

デフォルトサイズは11です。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Font Family(フォントファミリー)

テキストのフォントファミリー。Google Docsの[Font(フォント)]メニューまたはGoogle Fontsからの任意のフォントが受け付けられます。

デフォルトフォントはArialです。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Font Weight(フォントの太さ)

フォントの太さ。このフィールドには、100から900までの100の倍数の値を指定できます。この範囲は、CSS 2.1仕様の15.6 節に記載された数値に対応し、数値以外の値は許可されません。デフォルト値は400(「標準」)です。

このフィールドは、[Font Family(フォントファミリー)]フィールドと併用する必要があり、そうでない場合はエラーが返されます。

Google Docsコネクターに関するガイダンス」を参照してください。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Baseline Offset(ベースラインオフセット)

テキストを通常の位置から垂直にオフセットする方法。

  • Unspecified(未指定):テキストのベースラインオフセットは親から継承されます。

  • None(なし):テキストは垂直にオフセットされません。

  • Superscript(上付き):テキストは上方向に垂直にオフセットされます。

  • Subscript(下付き):テキストは下方向に垂直にオフセットされます。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Link(リンク)

ドキュメントの別の部分または外部URLリソースへの参照。このフィールドに値が取り込まれているときは、[Link Type(リンクタイプ)]フィールドを使用する必要があります。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Link Type(リンクタイプ)
  • External URL:外部URL。
  • Bookmark ID:このドキュメント内のブックマークのID。
  • Heading ID:このドキュメント内の見出しのID。

このフィールドに値が取り込まれているときは、[Link(リンク)]フィールドを使用する必要があります。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Create Paragraph Bullets(段落ブレット作成)

[Create Paragraph Bullets(段落ブレット作成)]オプションには、次のフィールドが関連します。

Bullet Glyph Preset(セット済みビュレット)

使用するビュレットのタイプ:

  • Disc - Circle - Square

  • DiamondX - Arrow3D - Square

  • Checkbox(チェックボックス)

  • Arrow - Diamond - Disc

  • Star - Circle - Square

  • Arrow3D - Circle - Square

  • LeftTriangle - Diamond - Disc

  • DiamondX - HollowDiamond - Square

  • Diamond - Circle - Square

  • Decimal - Alpha - Roman

  • Parenthesis - Decimal - Alpha - Roman

  • Numbered - Decimal - Nested

  • UpperAlpha - Alpha - Roman

  • UpperRoman - UpperAlpha - Decimal

  • ZeroDecimal - Alpha - Roman

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Text Style(テキストスタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン TRUE
Named Style Type(名前付きスタイルタイプ)

段落の名前付きスタイルタイプ。

Normal Text(通常テキスト)

Title(タイトル)

Subtitle(サブタイトル)

Heading 1(見出し1)

Heading 2(見出し2)

Heading 3(見出し3)

Heading 4(見出し4)

Heading 5(見出し5)

Heading 6(見出し6)

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Text Alignment(テキスト配置)

この段落のテキストの配置。

  • Inherited(継承):段落の配置は親から継承されます。

  • Start(開始)

  • Center(中央)

  • End(終了)

  • Justified(両端揃え)

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Line Spacing(行間)

行の間のスペースの量。通常を100とした、通常に対する割合として表現します。

文字列 FALSE
Text Direction(テキスト方向)

この段落のテキストの方向。未設定の場合、段落の方向は継承されないため、値はデフォルトでLeft to right(左から右)になります。

  • Left to right(左から右)

  • Right to left(右から左)

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Spacing Mode(スペーシングモード)

段落のスペーシングモード。

  • Inherited(継承)

  • Never collapse(折り畳みなし):段落のスペーシングは常に表示されます。

  • Collapse lists(折り畳みリスト):リスト要素間で段落のスペーシングはスキップされます。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ドロップダウン FALSE
Space Above(上スペース)

段落の上の余分なスペースの量。未設定の場合、値は親から継承されます。計測単位はポイント(1インチの1/72)です。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Space Below(下スペース)

段落の下の余分なスペースの量。未設定の場合、値は親から継承されます。計測単位はポイント(1インチの1/72)です。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
First Line Indentation(1行目インデント)

段落の最初の行のインデントの量。未設定の場合、値は親から継承されます。計測単位はポイント(1インチの1/72)です。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Start Indentation(開始インデント)

現在の段落の向きに応じて、テキストの開始位置に対応する側の段落のインデント量。未設定の場合、値は親から継承されます。計測単位はポイント(1インチの1/72)です。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
End Indentation(終了インデント)

現在の段落の向きに応じて、テキストの終了位置に対応する側の段落のインデント量。未設定の場合、値は親から継承されます。計測単位はポイント(1インチの1/72)です。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Keep Lines Together?(行をまとめる?)

Trueは、段落のすべての行を可能な限り同じページまたは列にレイアウトすることを示します。それ以外の場合は、Falseとなります。未設定の場合、値は親から継承されます。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Keep With Next?(次の段落と分離しない?)

Trueは、少なくともこの段落の一部を次の段落と可能な限り同じページまたは列にレイアウトすることを示します。それ以外の場合は、Falseとなります。未設定の場合、値は親から継承されます。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Shading(シェーディング)

RGBまたはHEXの色の値。各色の値の形式は、次のいずれかである必要があります。

RGB:255,10,34

HEX:#ff00d3または#fff

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Image URL(画像URL)

画像のURL。画像は挿入時に取得され、ドキュメント内に表示するためにコピーが保存されます。画像は50MB未満、2,500万画素以下、PNG、JPEG、またはGIF形式である必要があります。指定されるURIの最大長さは2kBです。URIは画像とともに保存され、ImageProperties.content_uriフィールドを通じて公開されます。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Insert Inline Image(インライン画像挿入)]を選択した場合に表示されます。

文字列 TRUE
Image Height(画像高さ)

画像の高さ。計測単位はポイント(1インチの1/72)です。「Google Docsコネクターに関するガイダンス」を参照してください。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Insert Inline Image(インライン画像挿入)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Image Width(画像幅)

画像の幅。計測単位はポイント(1インチの1/72)です。「Google Docsコネクターに関するガイダンス」を参照してください。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Insert Inline Image(インライン画像挿入)]を選択した場合に表示されます。

文字列
Write Control(更新制御)
Revision ID(リビジョンID) リビジョンの一意のID。 文字列 FALSE
Revision Type(リビジョンタイプ)

リビジョンのタイプを選択します。

Required(必須):更新リクエストが適用されるドキュメントのリビジョンID(オプション)。これがドキュメントの最新リビジョンでない場合、リクエストは処理されず、400(無効な要求)エラーが返されます。

必要なリビジョンIDが応答で返された場合、それはリクエスト適用後のドキュメントのリビジョンIDを示します。

Target(ターゲット):更新リクエストが適用されるドキュメントのターゲットリビジョンID(オプション)。

APIを使用してドキュメントを読み込んだ後に共同作業者が変更を加えた場合、この更新リクエストによって生成された変更が、共同作業者の変更に対して適用されます。この結果、共同作業者の変更とリクエストの変更の両方が反映された新しいリビジョンのドキュメントが作成されます。変更の競合はDocsサーバーによって解決されます。ターゲットリビジョンIDを使用する場合、APIクライアントはドキュメントのもう1人の共同作業者と考えることができます。

ターゲットリビジョンIDは、最近バージョンのドキュメントに書き込む場合にのみ使用できます。ターゲットリビジョンが最新リビジョンから大きく外れている場合、リクエストは処理されず、400(無効な要求)エラーが返されます。最新バージョンのドキュメントを取得した後に、再度リクエストを試みる必要があります。通常、リビジョンIDは読み込まれてから数分間はターゲットリビジョンとして有効ですが、頻繁に編集されるドキュメントでは、この時間より短くなる可能性があります。

ドロップダウン FALSE

Output(出力)

フィールド 定義 タイプ
結果
Required Revision ID(必須リビジョンID)

ドキュメントのリビジョンID。更新リクエスト内で使用して更新適用先ドキュメントのリビジョンを指定し、そのリビジョン以降にドキュメントが編集されていた場合のリクエストの振る舞いを指定できます。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Insert Text(テキスト挿入)][Update Text Style(テキストスタイル更新)][Create Paragraph Bullets(段落ブレット作成)]、または[Update Paragraph Style(段落スタイル更新)]を選択した場合に表示されます。

文字列
Occurrences Changed(変更数)

変更されたパターンの数。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Find and Replace(検索置換)]を選択した場合に表示されます。

数値
Inline Image Object ID(インライン画像オブジェクトID)

挿入された画像オブジェクトのID。

[Operation Type(操作タイプ)]オプションで[Insert Inline Image(インライン画像挿入)]を選択した場合に表示されます。

文字列

関連項目

Google Docsコネクター

Workflows要素

Google Docsコネクターに関するガイダンス

Google Docs APIのドキュメント