メールを検索する

Office 365 Mailでメールを検索します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Mail(メール) ユーザーメールの種類を指定します。
  • My Mail(マイメール):接続ユーザーが所有します。

  • User Mail(ユーザーメール):接続ユーザーと共有または委任されたユーザー。

ドロップダウン TRUE
Result Set(結果セット) レスポンスで返されるメールの数を指定します。

検索結果をフィルタリングする方式を選択します。

  • [最初の一致レコード]:一致する最初のレコードが返されます。

  • [最初に一致する200レコード]:最初に一致する200レコードが返されます。

  • [一致レコードのストリーミング]:一致するすべてのレコードが親フローからヘルパーフローに渡されます。

    このオプションを選択すると、ストリーミングのためのヘルパーフローを選択し、カスタム拡張可能フィールドを追加できる[Streaming(ストリーミング)]入力セクションがカードに追加されます。

ドロップダウン TRUE
Search By(検索条件) 入力テキスト値の比較方法を指定します。すべてのテキストフィールドを検索します。検索に使用する演算子を選択します。
  • Exact Match(完全一致):検索が入力されたテキスト/数字の値に完全に一致する場合にメールを返します。例:「Important(重要)」を含む件名をすべて検索します。
  • Contains(次の値を含む):入力されたテキスト/数字の値に部分的に一致するメールを返します。例:[Sender(送信者)]フィールドで「Smith」を含む単語を検索します。
  • Starts With(指定の値で始まる):検索が入力されたテキスト/数字の値で始まる場合にメールを返します。
ドロップダウン TRUE
Date Filter(日付フィルター) レスポンスでメールの日付を指定します。すべてのテキストフィールドを検索します。検索に使用する演算子を選択します。
  • Greater Than(より長い):[Start Date Filter(開始日フィルター)]フィールドよりも長い期間に送受信されたメールを返します。たとえば、日付が2022年1月1日より後のメールをすべて検索します。
  • Less Than(より短い):[End Date Filter(終了日フィルター)]フィールドよりも短い期間に送受信されたメールを返します。たとえば、[End(終了)]フィールドで「3/19/2022」より小さい値を検索します。
  • Range(範囲):日付の値が特定の日付範囲内にあるメールを返します。
  • None(なし):日付検索は使用されません。
ドロップダウン TRUE
ヒント

多数のレコードを返す方法については、「ヘルパーフローを使ったレコードのストリーミング一致」を参照してください。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
User(ユーザー)
User ID or Username(ユーザーIDまたはユーザー名) アップロードされるメールの添付ファイルのユーザーID。

たとえば、john.doe@somedomain.comとなります。これはユーザーのメールアドレスの場合がありますが、あらゆる場合にあてはまるものではありません。

このプロパティーにアクセント文字を含めることはできません。使用できる文字はA~Z、a~z、0~9、' . - _ ! # ^ ~だけです。

[Mail(メール)]オプションで[User Mail(ユーザーメール)]が選択されている場合に表示されます。

文字列 TRUE
Search(検索) [Serach By(検索条件)]オプションで[Contains(次の値を含む)]が選択されていて、他に特に指定がない場合に表示されます。
Subject(件名) メッセージの件名。

[Search By(検索条件)]オプションで[Starts With(指定の値で始まる)]および[Contains(部分一致)] を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Body(本文) メッセージの本文。HTMLまたはテキスト形式があります。

テキストを使用しているメッセージの本文の検索はサポートされています。HTMLを使用しているメッセージの本文の検索はサポートされていません。

[Search By(検索条件)]オプションで[Starts With(指定の値で始まる)]および[Contains(部分一致)] を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
From(開始) メッセージが送信されるメールボックスの所有者。 文字列 FALSE
Sender(送信者) メッセージの生成に実際に使用されるアカウント。

[Search By(検索条件)]オプションで[None(なし)]が選択されている場合には表示されません。

文字列 FALSE
Has Attachment? (添付ファイル?) メッセージに添付ファイルがある場合はTrue、それ以外の場合はFalse。インライン添付ファイルが存在することを確認するには、本文プロパティーを解析してソース属性を調べます。

例: <IMG src="cid:image001.jpg@01D26CD8.6C05F070">。

[Search By(検索条件)] オプションで[Exact Match(完全一致)]を選択した場合に表示されます。

注

このフィールドにはインライン添付ファイルは含まれません。メッセージにインライン添付ファイルしか含まれていない場合、このフィールドは[False]になります。

ブール値 FALSE
Importance(重要度) メッセージの重要度。取り得る値は次のとおりです。
  • Low(低)

  • Normal(通常)

  • High(高)

[Search By(検索条件)] オプションで[Exact Match(完全一致)]を選択した場合に表示されます。

文字列 FALSE
Is Read?(読み取られているか?) メッセージが読み取られた場合はTrue、それ以外の場合はFalse

[Search By(検索条件)] オプションで[Exact Match(完全一致)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Is Draft?(ドラフト?) メッセージが下書きでまだ送信されていない場合はTrue、そうでない場合はFalse

[Search By(検索条件)] オプションで[Exact Match(完全一致)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Flag Status(フラグステータス) アイテムのフォローアップのステータス。取り得る値は次のとおりです。
  • Not Flagged(フラグ付けされていない)

  • Complete(完了)

  • Flagged(フラグ付けされている)

[Search By(検索条件)] オプションで[Exact Match(完全一致)]を選択した場合に表示されます。

オブジェクト FALSE
Is Delivery Receipt Requested?(配信受領書はリクエストされているか?) メッセージの開封確認がリクエストされている場合はTrue、そうでない場合はFalse.

[Search By(検索条件)] オプションで[Exact Match(完全一致)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Is Read Receipt Requested?(開封確認はリクエストされているか?) メッセージの開封確認がリクエストされている場合はTrue、そうでない場合はFalse.

[Search By(検索条件)] オプションで[Exact Match(完全一致)]を選択した場合に表示されます。

ブール値 FALSE
Start Date Filter(開始日フィルター) [Date Filter(日付フィルター)]オプションで[Greater Than(より長い)]または[Range(範囲)]を選択した場合に表示されます。
Created Date Time(作成日時) メッセージが作成された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時) FALSE
Last Modified Date Time(最終変更日時) メッセージが最後に変更された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時) FALSE
Receive Date Time(受信日時) メッセージが受信された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時) FALSE
Sent Date Time(送信日時) メッセージが送信された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時) FALSE
End Date Filter(終了日フィルター) [Date Filter(日付フィルター)]オプションで[Range(範囲)]または[Less Than(より短い)]を選択した場合に表示されます。
Created Date Time(作成日時) メッセージが作成された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時) FALSE
Last Modified Date Time(最終変更日時) メッセージが最後に変更された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時) FALSE
Receive Date Time(受信日時) メッセージが受信された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時) FALSE
Sent Date Time(送信日時) メッセージが送信された日時。

例:2014-01-01T00:00:00Z

Date and Time(日時) FALSE
Search Criteria(検索条件)
Record Limit(レコード制限)

ストリーミングするレコードの数を指定します。

  • [Limit(制限)]フィールドを0に設定すると、レコードは返されません。

  • [制限]フィールドに0より大きい値を設定すると、最大で指定された最大レコード数までのレコードが返されます。

  • [制限]フィールドが空、null、または未選択の場合、すべてのレコードが返されます。

  • デフォルト値は10000000(1,000万)です。

  • 有効な範囲は010000000です。

このフィールドは、[Result Set(結果セット)]オプションで[一致レコードのストリーミング]を選択した場合に表示されます。

数値 FALSE
Streaming(ストリーミング)
Flow(フロー)

[Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose(選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create(クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State(状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

フロー TRUE

出力

注

空のままにした入力フィードは無視されます。

フィールド 定義 タイプ
Result(結果) [Result Set(結果セット)]オプションから[First Matching Records(最初の一致レコード)]または[200 Matching Records(一致する200レコード)]が選択されていて、他に特に指定がない場合に表示されます。
ID メッセージの一意のID。 文字列
Subject(件名) メールの件名。 文字列
Body Preview(本文プレビュー) テキスト形式のメッセージ本文の最初の255文字。 文字列
Body(本文) メッセージの本文。HTMLまたはテキスト形式があります。メッセージ本文の安全なHTMLに関する情報を確認できます。 オブジェクト
Content Type(コンテンツタイプ) メッセージのコンテンツタイプ。 文字列
Content(コンテンツ) メッセージのコンテンツ。 文字列
Created Date Time(作成日時) 添付ファイルが最後に作成された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時)
Last Modified Date Time(最終変更日時) 添付ファイルが最後に変更された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時)
Change Key(変更キー) メッセージのバージョン。 文字列
Categories(カテゴリー) メッセージに関連付けられているカテゴリー。 文字列のリスト
Received Date Time(受信日時) メッセージが受信された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時)
Sent Date Time(送信日時) メッセージが送信された日時。

例:2020-01-01T00:00:00Z。

Date and Time(日時)
Has Attachment? (添付ファイル?) メッセージに添付ファイルがある場合はTrue、それ以外の場合はFalse。インライン添付ファイルが存在することを確認するには、本文プロパティーを解析してソース属性を調べます。

例: <IMG src="cid:image001.jpg@01D26CD8.6C05F070">。

このフィールドにはインライン添付ファイルは含まれません。メッセージにインライン添付ファイルしか含まれていない場合、このフィールドは[False]になります。

ブール値
Internet Message ID(インターネットメッセージID) RFC2822で規定されている形式のメッセージID。 文字列
Importance(重要度) メッセージの重要度。取り得る値は次のとおりです。
  • Low(低)

  • Normal(通常)

  • High(高)

文字列
Parent Folder ID(親フォルダーID) メッセージの親メールフォルダーの一意識別子。 文字列
Conversation ID(会話ID) メールの会話が属する一意識別子。 文字列
Conversation Index(会話インデックス) 会話内のメッセージの位置を示します。 文字列
Is Delivery Receipt Requested?(配信受領書はリクエストされているか?) メッセージの開封確認がリクエストされている場合はTrue、そうでない場合はFalse. ブール値
Is Read Receipt Requested?(開封確認はリクエストされているか?) メッセージの開封確認がリクエストされている場合はTrue、そうでない場合はFalse. ブール値
Is Read?(読み取られているか?) メッセージが読み取られた場合はTrue、それ以外の場合はFalse ブール値
Is Draft?(ドラフト?) メッセージが下書きでまだ送信されていない場合はTrue、そうでない場合はFalse ブール値
Web Link(ウェブリンク) Web上のOutlookでメッセージを開くためのURL。URLの末尾にispopout引数を追加してメッセージの表示方法を変更することができます。ispopoutが存在しない場合、または1に設定されている場合、メッセージはポップアウトウィンドウで表示されます。ispopoutが0に設定されている場合、ブラウザーはOutlookのウェブレビューペインにメッセージを表示します。ウェブ上のOutlookを介してメールボックスにログインしている場合、メッセージはブラウザーで開きます。ブラウザーでまだログインしていない場合は、ログインするよう求められます。このURLにiFrame内からアクセスすることはできません。 文字列
Sender(送信者) メッセージの生成に実際に使用されるアカウント。ほとんどの場合、この値は[From(差出人)]プロパティーと同じです。メッセージを共有メールボックスから、共有カレンダー宛に、または代理で送信するときにこのプロパティーを別の値に変更できます。どの場合でも、この値は実際に使用されているメールボックスに対応している必要があります。[From(差出人)]プロパティーと[Sender(送信者)]プロパティーの詳細を確認できます。

ほとんどの場合、この値は[From(差出人)]プロパティーと同じです。メッセージを共有メールボックスから、共有カレンダー宛に、または代理で送信するときにこのプロパティーを別の値に変更できます。どの場合でも、この値は実際に使用されているメールボックスに対応している必要があります。

オブジェクト
Email Address(メールアドレス) 受信者のメールアドレス。 オブジェクト
Name(名前) 受信者の名前。 文字列
Address(住所) 受信者のメールアドレス。 文字列
From(開始) メールの送信者のメールアドレス。

共有または委任シナリオ以外のほとんどの場合において、この値は[Sender(送信者)]プロパティーと同じです。この値は実際に使用されているメールボックスに対応している必要があります。

オブジェクト
Email Address(メールアドレス) 受信者のメールアドレス。 オブジェクト
Name(名前) 受信者の名前。 文字列
Address(住所) 受信者のメールアドレス。 文字列
To Recipients(宛先受信者) メッセージの宛先受信者。 オブジェクトのリスト
Email Address(メールアドレス) 受信者のメールアドレス。 オブジェクト
Name(名前) 受信者の名前。 文字列
Address(住所) 受信者のメールアドレス。 文字列
CC Recipients(CC受信者) メッセージのCC受信者。 オブジェクトのリスト
Email Address(メールアドレス) 受信者のメールアドレス。 オブジェクト
Name(名前) 受信者の名前。 文字列
Address(住所) 受信者のメールアドレス。 文字列
BCC Recipients(BCC受信者) メッセージのBCC受信者。 オブジェクトのリスト
Email Address(メールアドレス) 受信者のメールアドレス。 オブジェクト
Name(名前) 受信者の名前。 文字列
Address(住所) 受信者のメールアドレス。 文字列
Reply To(返信先) 返信に使用するメールアドレス。 文字列のリスト
Flag(フラグ) メッセージのステータス、開始日、期限、または完了日を示すフラグ値。 文字列
Attachments(添付ファイル) メールの添付ファイル。 オブジェクトのリスト
ID 添付ファイルの一意のID。 文字列
Name(名前) 埋め込みの添付ファイルを表すアイコンの下に表示されるテキストを表す名前。これは実際のファイル名である必要はありません。 文字列
Last Modified Date an Time(最終変更日時) 添付ファイルが変更された日時。 Date and Time(日時)
Content Type(コンテンツタイプ) 添付ファイルのコンテンツタイプ。 文字列
Size(サイズ) 添付ファイルのサイズ(バイト単位)。 数値
Is Inline?(インラインか?) 添付ファイルがインラインである場合はYes、それ以外の場合はFalse ブール値
Records Streamed(ストリーミングされたレコード)

ストリーミングフロー内でストリーミングされたレコードの数。

このフィールドは、[Result Set(結果セット)]オプションで[一致レコードのストリーミング]を選択した場合に表示されます。

数値

関連項目

Office 365 Mailコネクター

Workflows要素

Office 365 Mailコネクターに関するガイダンス

Microsoft Graph Rest API