ユーザーの無効化

Oktaのユーザーを無効化します。この処理はDEPROVISIONEDステータスのユーザーに対して実行できません。ユーザーの無効化は回復不可能な非同期処理です。ユーザーの無効化の詳細については、「ユーザーの無効化」を参照してください。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Send Email? (メールの送信?)無効化メッセージを管理者に送信するには[Yes (はい)]を選択します。それ以外の場合は[No (いいえ)]を選択します。ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
ID or Login (IDまたはログイン)OktaユーザーのIDまたはログイン。メールアドレス形式のログイン。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API