ユーザーのグループの取得

Oktaユーザーの現在のグループメンバーシップを取得します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Result Set (結果セット)

検索結果をフィルタリングする方式を選択します。

  • First 200 Records(最初の200レコード):最初に一致する200レコードを返します。
  • Stream Records(レコードのストリーミング):一致するすべてのレコードを親フローからヘルパーフローに渡します。 カスタム拡張可能フィールドのストリーミングと追加を行うためにヘルパーフローを選択できる、ストリーミング入力セクションがカードに追加されます。
ドロップダウンTRUE
ヒント

多数のレコードを返す方法については、「ヘルパーフローでのストリーム一致オプションの設定」を参照してください。

入力

フィールド定義タイプ必須
User(ユーザー)
IDOktaユーザーのID。文字列TRUE
Streaming(ストリーミング)
Flow(フロー) [Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose(選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create(クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State(状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

[Result Set(結果セット)]オプションで[Stream Records(レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

Flow(フロー)TRUE
List Criteria(条件の一覧表示)
Record Limit(レコード制限)

ストリーミングするレコードの数を指定します。

  • [Limit(限度)]フィールドが0に設定されている場合、レコードは返されません。

  • [Limit(限度)]フィールドが0より大きい値に設定されている場合、0より大きい件数で指定されたレコードの最大件数以下のレコードが返されます。

  • [Limit(限度)]フィールドが空または選択されていない場合、すべてのレコードがストリーミングされます。

  • デフォルト値は1,000万です。

  • 有効な範囲は0~1,000万です。

[Result Set(結果セット)]オプションで[Stream Records(レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

数値 FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Groups (グループ)
IDOktaグループのID。文字列
Created(作成日時)

オブジェクトが作成された日時。

文字列
Last Updated (最終更新日時)グループが最後に更新された時点のタイムスタンプ。文字列
Last Membership Updated (最終メンバーシップ更新日時)グループのメンバーシップが最後に更新された時点のタイムスタンプ。文字列
Object Class(オブジェクトクラス)グループのプロファイルを決定します。オブジェクト
Type(タイプ)グループのプロファイルとメンバーシップが管理される方法を決定します。文字列
Profile (プロファイル)
Name (名前)

グループの名前。

文字列
Description (説明)グループの説明。文字列
Records Streamed(ストリーミングしたレコード) ストリーミングフロー内でストリーミングされたレコードの数。

[Result Set(結果セット)]オプションで[Stream Records(レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

数値

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API