グループメンバーの一覧表示

Oktaグループのメンバーを一覧表示します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Result Set (結果セット)

検索結果をフィルタリングする方式を選択します。

  • First 200 Records(最初の200レコード):最初に一致する200レコードを返します。
  • Stream Records(レコードのストリーミング):一致するすべてのレコードを親フローからヘルパーフローに渡します。 カスタム拡張可能フィールドのストリーミングと追加を行うためにヘルパーフローを選択できる、ストリーミング入力セクションがカードに追加されます。
ドロップダウンTRUE
ヒント

多数のレコードを返す方法については、「ヘルパーフローでのストリーム一致オプションの設定」を参照してください。

入力

フィールド定義タイプ必須
Group (グループ)
Group ID (グループID)OktaグループのID。文字列TRUE
Streaming(ストリーミング)
Flow(フロー) [Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose(選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create(クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State(状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

このフィールドは、[Result Set(結果セット)]フィールドで[Stream Records(レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

Flow(フロー)TRUE
List Criteria(条件の一覧表示)
Record Limit(レコード制限)

ストリーミングするレコードの数を指定します。

  • [Limit(限度)]フィールドが0に設定されている場合、レコードは返されません。

  • [Limit(限度)]フィールドが0より大きい値に設定されている場合、0より大きい件数で指定されたレコードの最大件数以下のレコードが返されます。

  • [Limit(限度)]フィールドが空または選択されていない場合、すべてのレコードがストリーミングされます。

  • デフォルト値は1,000万です。

  • 有効な範囲は0~1,000万です。

[Result Set(結果セット)]オプションで[Stream Records(レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

数値 FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Raw Output (未加工出力)Okta APIによって返される未加工の出力。オブジェクト
ID (ID)ユーザーの一意識別子。文字列
Status (ステータス)ユーザーの現在のステータス。文字列
Created (作成日時)ユーザーが作成されたタイムスタンプ。文字列
Activated (アクティベート)ユーザーがアクティベートされたタイムスタンプ。文字列
Status Changed (ステータス変更日時)ユーザーのステータスが変更された日時。文字列
Last Login (最終ログイン日時)ユーザーが最後にログインしたタイムスタンプ。文字列
Last Updated (最終更新日時)ユーザーが最後に更新されたタイムスタンプ。文字列
Password Changed (パスワード変更日時)ユーザーのパスワードが変更されたタイムスタンプ。文字列
First Name(名)ユーザーの名。文字列
Last Name(姓)ユーザーの姓つまり名字。文字列
Mobile Phone(携帯電話)ユーザーの携帯電話番号。文字列
Second Email(セカンドメール)ユーザーのセカンダリーメール。文字列
Login (ログイン)ユーザーのログインユーザー名 (通常、メールアドレスの形式)。文字列
Email(メール)ユーザーのメールアドレス。文字列
Records Streamed(ストリーミングしたレコード) ストリーミングフロー内でストリーミングされたレコードの数。

[Result Set(結果セット)]フィールドで[Stream Records(レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

数値

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API