ユーザーのMFA要素の有効化

ユーザーが新しい多要素認証 (MFA) 要素を有効化したときにフローをトリガーします。

出力

フィールド定義タイプ
Date and Time (日時)Okta APIのイベントがトリガーされた日時。文字列
Message (メッセージ)イベントに関するメッセージの詳細。文字列
Event ID (イベントID)イベントの一意識別子。文字列
Event Type (イベントタイプ)公開されたイベントのタイプ。文字列
Event Time (イベント時刻)サービスに通知が配信された時点のタイムスタンプ。文字列
Version (バージョン)

バージョン管理インジケーター。

文字列
Admin (管理者)ユーザーをMFAに登録したOkta管理者。オブジェクト
IDユーザーをMFAに登録したOkta管理者のID。文字列
Alternate ID (代替ID)Okta管理者のメールアドレス。文字列
Display Name (表示名)Okta管理者の表示名。文字列
タイプユーザーをMFAに登録したOkta管理者のタイプ。文字列
Okta User (Oktaユーザー)新しいMFA要素を有効化したOktaユーザー。オブジェクト
IDOktaユーザーのID。文字列
Alternate ID (代替ID)Oktaユーザーのメールアドレス。文字列
Display Name (表示名)Oktaユーザーの表示名。文字列
UUIDWebhookイベントの汎用一意識別子。文字列
Event Details (イベント詳細)この特定のイベントに対してOkta APIから返される未加工のJSONペイロード。オブジェクト
Headers (ヘッダー)レスポンスのヘッダーを表すオブジェクト。ヘッダーの各キーは「key: value」としてヘッダー文字列に解析されます (Content-Type: text/plain)。オブジェクト
ソースユーザー固有データのソース。オブジェクト
Debug Context (デバッグコンテキスト)
Debug Data (デバッグデータ)デバッグに使用されるトリガーされたイベントに関する情報。たとえば、返されるデータにはURI、SMSプロバイダー、またはトランザクションIDが含まれる場合があります。オブジェクト
注

Oktaイベントに対して追加のユーザーまたはグループフィールドを作成できますが、Okta APIはOktaコネクタイベントカードに対して、[ID][Alternate ID(代替ID)][Display Name(表示名)]、および[Type(タイプ)]の4つのフィールドのみをサポートしています。値はこれら4つの入力フィールドに対してのみ返されます。ユーザーまたはグループに対してその他のフィールドはサポートされず、そうしたフィールドのデータはこのイベントカードによって返されません。

ユーザーMFA要素の有効化イベントカードでフローをトリガーする

フローをトリガーするには、モバイルデバイスを使用して以下の手順を完了する必要があります。

  1. テスト用アカウントを使用し、管理コンソールで [Security (セキュリティ)] > [Multifactor (多要素)] に移動します。

  2. 最低1つの要素が有効なことを確認します。すでに有効な要素は、緑色のチェックマークで示されています。

  3. 要素を有効化するには、[Factor Type (要素タイプ)] リストで要素を選択し、その要素のドロップダウンで [Activate (有効化)] を選択します。

    Okta Verify、SMS認証、またはセキュリテイの質問の要素を有効にすることをお勧めします。

  4. 管理コンソールの右上でアカウントのドロップダウンをクリックし、[My settings (自分の設定)] をクリックします。

  5. [Extra Verification (追加の確認)] セクションで、前の手順で選択した新しい要素の [Set up (セットアップ)] をクリックしてから、その要素の有効化手順を完了します。

    新しい要素の有効化を完了すると、ユーザーMFA要素の有効化イベントカードを使用するフローがトリガーされます。

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API