データ主体の作成

OneTrustでデータ主体を作成します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Collection Point (収集ポイント) リストから収集ポイントを選択するか、-- Enter Collection Point ID --を選択して [Collection Point ID (収集ポイントID)] フィールドに収集ポイントを入力します。 ドロップダウンTRUE
Collection Point ID (収集ポイントID)[Collection Point ID (収集ポイントID)] の値として-- Enter Collection Point ID --を選択した場合、このフィールドに収集ポイントIDを入力します。たとえば、メールアドレスやOkta IDをIDとして使用できます。文字列TRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
注

これらのフィールドは、選択された収集ポイントに基づいて動的に生成されます。

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード) 操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Created(201作成済み)ステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

OneTrustコネクタ

Okta Workflowsの要素について

OneTrust APIドキュメンテーション