添付ファイルのダウンロード

システムIDを使用して、ServiceNowからファイルのコンテンツをダウンロードします。

入力

フィールド定義タイプ必須
Attachment(添付ファイル)
System ID(システムID) 添付ファイルのSys_id値。インシデントのURLには通常、この値が含まれています。たとえばURLがhttps://instance.service-now.com/api/now/attachment/615ea769c0a80166001cf5f2367302f5なら、sys_idの値は615ea769c0a80166001cf5f2367302f5です。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
ファイル
File Content(ファイルコンテンツ)添付ファイルのコンテンツ。File(ファイル )
Size(サイズ)添付ファイルのサイズ(バイト単位)。数値
Name(名前)添付ファイルの名前。 文字列
タイプ ダウンロードされたオブジェクトのタイプ。例:file文字列
Content Type(コンテンツタイプ) ファイルのコンテンツタイプで、マルチパートのアップロードではメッセージ本文に含まれます。 文字列
Table Name(テーブル名)ファイルをダウンロードした元のテーブルの名前。文字列
Table System ID(テーブルのシステムID) ファイルのダウンロード元として指定されたテーブルの、レコードのSys_id値。文字列
State(状態)添付ファイルをダウンロードした元のインシデントの状態。文字列
Hash(ハッシュ)添付ファイルの128ビット(16バイト)のハッシュ値で、32桁の16進数値で表されます。文字列
Created Date Time(作成日時)添付ファイルが作成された日時。例:2019-05-21 04:12:21日付&時刻
Updated Date Time(更新日時)添付ファイルが最後に更新された日時。例:2019-06-15 09:05:43日付&時刻

添付ファイルのダウンロードカードの代表的なユースケース

添付ファイルのダウンロードカードをフローで正しく使用するには、[System ID(システムID)]入力フィールドにシステムIDの値を入力します。このカードを含むフローが実行されるとき、指定されたファイルがWorkflowsのファイルシステムからダウンロードされます。[Content Type(コンテンツタイプ)]出力フィールドを使用して、後からファイルにアクセスできます。

ServiceNowの設定

ServiceNowインスタンスでは、次の設定により添付ファイルのダウンロードカードのパフォーマンスが制限されることがあります。

  • REST Attachment API request timeout(REST Attachment APIリクエストのタイムアウト)]:この設定を見つけるには、[trasaction quota(トランザクションクォータ)]を検索します。タイムアウト値の設定が短すぎる場合、APIがタイムアウトエラーを返すことがあります。

  • Maximum file attachment size in megabytes(添付ファイルの最大サイズ(MB))]:[attachment limits(添付ファイルの制限)]を検索します。通常、デフォルトの制限は1024 MBです。この設定は変更できますが、ファイルサイズを2 GBより大きくすることはできません。「Workflowsのシステム制限」を参照してください。

関連項目

ServiceNowコネクタ

Okta Workflowsの要素について

ServiceNowリファレンス