インシデントの読み取り

インシデントの読み取り

ServiceNowシステムIDに基づいて、インシデントの情報を読み取ります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Display(表示)
  • System Values (システム値): フルネームに関連付けられている一意識別子。たとえば、「Joe Smith」のデータベースのバージョンを表す「46b87022a9fe198101a78787e40d7547」など。
  • Display Values (表示値): ServiceNow UIに表示される値。たとえば、「Joe Smith」などのフルネームなど。
ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
System ID(システムID)インシデントの一意識別子。システムIDは、ServiceNow自体でインシデントの検索カードを使用し、インシデントの検索を行うことによってのみ入手できます。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Incident(インシデント)
動的に生成されるフィールド選択したアカウントで利用可能なフィールドに基づいて、フィールドが動的に生成されます。これには標準フィールドとカスタムフィールド (必要な場合) が含まれます。出力オプションの完全なリストを表示するには、カードの右下にある歯車アイコンをクリックします。文字列

関連項目

ServiceNowコネクタ

Okta Workflowsの要素について

ServiceNowリファレンス