Search Users(ユーザーの検索)

Smartsheetのユーザーを検索します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
結果セット 検索結果を表示するために次のオプションのいずれかを選択します。
  • First Matching Record:最初の一致レコードを返します。
  • First 100 Matching Records:最初に一致した100件のレコードを返します
  • [Stream Matching Records(一致レコードのストリーミング)]:一致するすべてのレコードが親フローからヘルパーフローに渡されます。カードに[Streaming(ストリーミング)]入力セクションが追加され、カスタム拡張可能フィールドのストリーミングと追加のためのヘルパーフローを選択できます。
ドロップダウン TRUE
ヒント

多数のレコードを返す方法については、「ヘルパーフローによる一致のストリーミングオプションのセットアップ」を参照してください。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
検索
メール 結果のフィルタリングに使用されたメールアドレスのリスト。 文字列のリスト TRUE
条件の一覧表示
Record Limit(レコード制限)

ストリーミングするレコードの数を指定します。

  • [Limit(限度)]フィールドが0に設定されている場合、レコードは返されません。

  • [Limit(限度)]フィールドが0より大きい値に設定されている場合、0より大きい件数で指定されたレコードの最大件数以下のレコードが返されます。

  • [Limit(限度)]フィールドが空または選択されていない場合、すべてのレコードがストリーミングされます。

  • デフォルト値は1,000万です。

  • 有効な範囲は0~1,000万です。

[Result Set(結果セット)]オプションで[Stream Matching Records(一致レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

数値 FALSE
Streaming(ストリーミング)
フロー

[Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose(選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create (クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State (状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

フロー TRUE

出力

フィールド 定義 タイプ
結果
ユーザー オブジェクトのリスト
ID 現在のユーザーの一意のID。 文字列
メール 現在のユーザーのプライマリーメールアドレス。 文字列
管理者? ユーザーが、ユーザーアカウントと組織アカウントを管理できる管理者である(ユーザーを作成、編集できる)場合はTrue、それ以外の場合はFalse ブール値
カスタムのようこそ 画面の表示 現在のユーザーによってエンタープライズカスタムようこそ画面の表示のタイムスタンプ。 日時
現在のユーザーの名前。 文字列
現在のユーザーの姓。 文字列
名前 ユーザーのフルネーム(読み取り専用)。 文字列
グループ管理者? ユーザーがグループ管理者である(グループを作成、編集できる)場合はTrue、それ以外の場合はFalse ブール値
プロファイル画像ID 画像ID。 文字列
前回のログイン 現在のユーザーの前回のログイン日時。 日時
Licensed Sheet作成者? ユーザーがライセンスユーザーである(独自のシートを作成できる)場合はTrue、そうでない場合はFalse ブール値
リソースビューア? ユーザーがリソースビューアである(リソースビューにアクセスできる)場合はTrue、それ以外の場合はFalse ブール値
シートカウント 組織アカウント内で現在のユーザーが所有するシートの数 数値
ステータス ユーザーのステータス、以下のいずれかの値に設定されます。
  • アクティブ

  • 却下

  • 保留中

文字列
Records Streamed(ストリーミングしたレコード)

ストリーミングフロー内でストリーミングされたレコードの数。

[Result Set(結果セット)]オプションで[Stream Matching Records(一致レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

数値

関連項目

Smartsheetコネクター

Workflowsの要素

Smartsheet APIリファレンス