APIエンドポイントを使ったフローの呼び出し

APIエンドポイントカードの設定にアクセスするには、カードの下にあるエンドポイント設定のアイコンをクリックします。

フローは以下の2つの方法のうちいずれかいより呼び出すことができます。

Webhookとして公開

フローを公開Webhookとして呼び出すには、以下の手順を実施します。

  1. [API Endpoint Settings (APIエンドポイント設定)]ダイアログで、[Invoke URL (呼び出しURL)]フィールドに表示されているURLをコピーする。
  2. データをリクエストの本文に渡す必要があるか否かに応じて、このURLに対しGETまたはPOSTを実行する。
  3. 以下のいずれかの方法でリクエストを認証します。
    • clientTokenクエリパラメーターを使用して指定したトークンを渡す。これはデフォルトの動作です。
    • x-api-client-tokenヘッダーの値として指定したトークンを渡す。これが最も安全なオプションです。clientTokenクエリパラメーターと組み合わせて使用しないでください。

公開サービスとして公開

フローを公開サービスとして呼び出すには、以下の手順を実施します。

  1. [API Endpoint Settings (APIエンドポイント設定)]ダイアログで、[Invoke URL (呼び出しURL)]フィールドに表示されているURLをコピーする。
  2. データをリクエストの本文に渡す必要があるか否かに応じて、このURLに対しGETまたはPOSTを実行する。

このセキュリティーレベルでフローを呼び出すために、他のセキュリティー対策を渡す必要はありません。

フローを呼び出したら、フローの出力を応答オブジェクトとして受信します。

関連項目

APIエンドポイントフローの呼び出しについて