一時停止したフローの再開

フローを一時停止したり再開したりする前に、セキュリティー設定が正しいかを確認してください。API Endpoint Flowsカードにおけるセキュリティーレベルの設定に関する詳細については、「APIエンドポイントフローの呼び出しについて」を参照してください。

セキュリティーレベルを適切に設定したら、セキュリティー設定に応じて2通りの方法でフローを再開できます。

いずれかの方法でフローを再開するには、実行IDを渡す必要があります。フローの実行履歴から、またはフローを呼び出すと返されるcontextオブジェクトから、このIDを取得できます。

Webhookとして公開

フローを公開Webhookとして再開するには、以下の手順を実施します。

  1. [API Endpoint Settings (APIエンドポイント設定)]ダイアログで、[Resume URL (再開URL)]フィールドに表示されているURLをコピーする。
  2. データをリクエストの本文に渡す必要があるか否かに応じて、このURLに対しGETまたはPOSTを実行する。このURLには、実行IDも必要です。
  3. [Invoke URL (呼び出しURL)]フィールドに表示されているURLにクライアントトークンが付加されていない場合は、クライアントトークンをクエリーパラメーターとして渡す。

公開サービスとして公開

フローを公開サービスとして再開するには、以下の手順を実施します。

  1. [API Endpoint Settings (APIエンドポイント設定)]ダイアログで、[Invoke URL (呼び出しURL)]フィールドに表示されているURLをコピーする。
  2. データをリクエストの本文に渡す必要があるか否かに応じて、このURLに対しGETまたはPOSTを実行する。このURLには、実行IDも必要です。

フローを再開したら、フローの最終出力が応答として得られます。また、フローの残りは、再開時に通常どおり実行されます。