Lookup

ルックアップ テーブルを使用して、値を別の値に変換します。たとえば、1つのWebサービスコードを別のWebサービスコードに変換したり、部門名を連絡先メールに変換したりできます。

入力

フィールド定義タイプ必須
Value検索する値。文字列TRUE
Lookup Table 下端の行をクリックして、新しい行を追加します。行の左側にある[x]をクリックすると、行を削除できます。

When Value Is: 可能な入力値。

Then Result Is:それぞれの値に対応する結果。Result出力と同じタイプ。

各種FALSE
Otherwise Result Isルックアップテーブルに一致がない場合に使用する結果。Result出力と同じタイプ。各種FALSE

出力

Result:ルックアップの結果。When Value Is列のValueとの正確な一致が見つかった場合、ResultThen Result Is列の対応する値に設定され、それ以外の場合はResultOther Result Isの値に設定されます。デフォルトの型はテキストです。型を変更すると、Then Result Is列とOtherwise Result Is入力の型も自動的に変更されます。

関連項目

ルックアップ テーブルのConstructおよびGetで、結果の可能な値が事前に不明な(フローが実行されるときに出力で設定される)場合。Constructを使用して実行時にオブジェクトを構築してから、Getを使用してルックアップを行います。または、ネストしたIf/Elseや、連続リンクされた Assign If関数を使用して行うこともできます。

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について