If Error

フローを停止せずエラーを処理するため、別のアクションを指定します。

この関数では、カードよりコンテナーに近いものが使用され、次のパラメーターを指定できます。

  • Try:実行する1つ以上のアクション、関数、または両方。

  • If ErrorTryのステップのいずれかでエラーが発生した場合に実行される、別のアクションや関数。

  • Outputs (オプション):出力フィールドで、フローの以後のステップで使用できます。それぞれの出力に割り当てられる値は、エラーが発生したかどうかによって異なります。

Try

新しいIf Errorを作成する最初の手順は、Tryステップの定義です。これは、実行する1つ以上のアクションや関数です。 このコンテナーに、フローの場合と同様にカードを追加します。

ヒント

フローに存在するステップの組にエラー処理を追加するには、Tryブロックに含めるカードの右側にIf Errorブロックを挿入し、それらのカードを最も右側のものから1つずつ順にドラッグして組み込みます。

人手でエラーを修正する前にフローのステップを自動的に再試行するには、フローにおけるカードのエラー処理の設定を参照してください。

If Error

左上のドロップダウンを使用して、Try ステップとIf Errorステップを切り替えます。

If Errorブロックには、エラーを処理するためのステップが含まれます。フローの他の場所と同様に、アクションや関数を挿入します。

それぞれのIf Errorブロックの先頭には、Errorオブジェクトが与えられます。このオブジェクトには、TryブロックからIf Errorブロックへの切り替えを引き起こしたエラーの詳細として、message:エラーメッセージのテキスト(使用可能な場合)、code:エラーコード(例:500)、 method:エラーが発生したステップのID、Flow:フローのID、execution:フローの特定の実行のID、が含まれています。エラー処理のステップでは、これらの値を使用できます。たとえば、エラーの詳細をメールで送信する、または予期されるエラーかどうかに応じて処理を行うかどうかを決定するなどを行えます。

注:ReturnContinue Ifは通常はフローを終了しますが、TryまたはIf Errorブロック内では動作が異なります。TryまたはIf Errorブロックは、匿名のヘルパーフローと考えることができます。ヘルパーフローの場合と同様に、Returnを実行すると親に復帰します。このため、TryまたはIf Errorブロック内でReturnまたはContinue-If(falseの場合)を使用すると、If Errorコンテナーの直後のステップに実行が進みます。フローを継続せず停止するには、Return ErrorReturn Error Ifを使用するか、またはContinue-IfをIf Errorの外側で使用します。

出力フィールド:(オプション)

If Errorの前に実行されるカードから、TryまたはIf Errorブロックの中に出力をドラッグできますが、TryまたはIf Errorブロックの中から、If Errorの後に実行されるカードに出力をドラッグすることはできません。これは、TryIf Error内のステップは必ず実行されるとは限らないためです。この問題を回避するには、オプションのOutputs機能を使用します。

Outputsにアクセスするには、If Errorコンテナーの右上にある[View Outputs(出力の表示)]をクリックします。これにより、TryおよびIf Errorブロックの右側にペインが開きます。クリックすると新しい出力を追加できます。名前を入力し、型を選択してください。それぞれの出力の下には2つの入力があります。1つはエラーが発生していない場合(Tryブロックから、ここに出力をドロップします)、もう1つはエラーが発生した場合(If Errorブロックから、ここに出力をドロップします)に使用されます。

このペインの出力は、フローの以後のステップにマップできます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について