Pause

この関数カードはフローを一時停止し、フローの開始に使用されたインターフェイスを使用して入力を返し、再開リクエストに必要なフローの実行IDも返します。

フローを再開するには、特定のURLエンドポイントでフローを再度呼び出し、再開する実行の実行IDを追加する必要があります。このエンドポイントは、フローを起動したのと同様なものです。APIエンドポイントカードの[Event Settings(イベント設定)]ページでエンドポイントを見つけます。ただし、invokeresumeに置き換える必要があります。次に、フローを再開してから、URLに/{{EXECUTION_ID}}を追加します。たとえば、APIエンドポイントが {{< api_endpoint >}}/flo/5f023d66e31808a8ce04954078fabc99/invokeなら、フローを再開するためのエンドポイントは {{< api_endpoint >}}/flo/5f023d66e31808a8ce04954078fabc99/resume/1234SampleExecutionID0987です。

特定の実行の実行IDは、2つの場所で見つけられます。

  • APIエンドポイントカード:すべての監視イベントに存在するデフォルト出力フィールドの1つは[Execution ID(実行ID)]です。この値は、他のカードへの入力として使用できます。これは、プログラムでフローを再開するため便利な方法です。

  • APIエンドポイントへのリクエストから返される応答のヘッダーにも実行IDが含まれているため、フローを呼び出した元のサービスからもIDを取得できます。

Pause関数は、プログラムで再開されるフローで使用したときのみ動作します。特定の時間だけ、または特定の時間までフローを一時停止するには、Wait ForまたはWait Until関数カードを使用してください。

入力

フローを一時停止するとき、呼び出し元に渡すそれぞれの値について、カスタム入力フィールドを作成します。

出力

再開リクエストとともに、呼び出し元によってフローに返される値のそれぞれについて、対応するカスタム出力フィールドを作成します。 これらの出力キーに値を渡すには、リクエストの本文でJSONのキーと値のペアとして送信します。たとえば、Xという名前の出力があるなら、X:Yを渡すと、X出力キーにより返される値としてYを送信できます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について