Pause Raw

この関数カードは実行中のフローの実行を一時停止し、未加工のhttpデータを呼び出し元に返します。resume APIを呼び出すとフローを再開できます。

入力

フィールド定義タイプ必須
statusCode呼び出し元に返されるステータスコード。 有効な値は、200および400~600です。 数値FALSE
headers応答のヘッダーを表すオブジェクト。ヘッダーの各キーは、"key: value"のヘッダー文字列として、"Content-Type: text/plain"のように解析されます。 オブジェクトFALSE
body HTTP応答本文。 文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
HeadersHTTPヘッダー。オブジェクト
BodyHTTP応答本文。文字列

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について